初節句!我が家に合ったお雛様の選び方

女の子のママなら誰もが心踊る「初節句」。そう、お雛様です。可愛い着物を着せて、お雛様を飾ってと考えると楽しいですが、いざ買うとなると難しいもの。実家にあるような七段飾りのお雛様を飾るスペースがない、雛人形を子どもが怖がる、出すのが手間でめんどくさい、シンプルなインテリアに合わない、などなど。そこで、数々の人形屋さんとネットショップをめぐった行事大好きの私が、お雛様を買ったときに調べた情報をまとめました!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

赤ちゃんが産まれて幸せいっぱい!けれど慣れない育児、心配だらけで気が休まらない……これで本当に大丈夫かな?と悩むことも多いですよね。そこで、生後0ヶ月時の育児におけるハイライト、生活リズム(睡眠と授乳、沐浴、おしっこ、うんち)、乳首出血や湿疹、便秘やサーモンパッチなどのトラブル、気をつけたことと買ってよかったグッズ、よく遊んだおもちゃ、家庭保育園の取り組みをまとめてみました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

おむつなし育児は、軌道にのれば簡単で楽ちん!

赤ちゃんの排泄感覚を大切にして、おむつにできるだけ頼らずおしっこやうんちをさせてあげる「おむつなし育児」。生後1ヶ月の赤ちゃんでも、上手にサポートしてあげれば、おしっこを自ら教えておまるでするようになります。でも中には、その「サポート」が分からずやめてしまったママ友さんも……。そこで、自分の体験やママ友さんの声をもとに、失敗するパターンとその対策をまとめてみました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

「おむつなし」は赤ちゃんにとって最高の環境!

できるだけ紙おむつに頼らずに、赤ちゃんをありのままの姿で育ててあげる「おむつなし育児」。赤ちゃんにとってストレスがないだけでなく、おむつかぶれや経皮毒の心配もなく、おむつ代もかからず、トイトレ不要でおむつがはずれやすいと、いいことづくめです。でも最初は、家が汚れそうだし大変そうだし、躊躇しますよね。そこで私が「おむつなし育児」で実感した、メリットとデメリットをまとめました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

おむつなし育児は赤ちゃんとのコミュニケーション

おむつなし育児とは、その名のとおり「おむつをはずした状態で育てる」ことです。信じがたいかもしれませんが、本来赤ちゃんにおむつは要らないのですね。やってみると本当に簡単で育児自体が楽しくなります! なぜなら、おむつなし育児は母子のコミュニケーションを強めてくれるから。この記事では、おむつなし育児の進め方と、0才11ヶ月でおむつがはずれた娘の体験談をご紹介しております。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone
PAGE TOP