雛祭りの定番献立とレシピ。由来も知るとなお楽しい!

女の子の幸せと成長を願ってお祝いする桃の節句、雛祭り。3月3日には何をつくろう?とお考えのママさんにおすすめしたい、献立レシピをクックパッドさんからお借りしてご紹介。食べられる年齢のお子さまはもちろん、離乳食前や初期の赤ちゃんには目で楽しめるように可愛いものを作るのもいいですよね。日本のママなら知っておきたい、雛祭り献立の由来もまとめてみました。

気の合うママ友がいれば、子育てはラクになる

妊婦さんが気になることのひとつに「ママ友ってできるのかな?」という不安がありますよね。「つきあいが大変そう」と敬遠している方もいるかもしれません。この記事では、私が感じたママ友づきあいのメリットとデメリット、そしてよいママ友に出会える場所やつきあい方のコツをまとめました。本当に気の合う、励まし合えるママ友ができれば、子育てはずっとラクになると感じます!

大地宅配、オイシックス、生活クラブ等。どれがいいの?

妊婦さんや、離乳食を始めたママにとって特に気になる「食の安全性」。でも、残留農薬や食品添加物、放射性物質、遺伝子組換え食品などの問題に始まり、ショートニングやマーガリンに含まれるトランス脂肪酸や白砂糖による血液の汚濁、赤ちゃんのアレルギーなど問題が多すぎて、どこまで気にすればいいか分からなくなりますよね。おいしくて安心できる食材を、納得できる価格で買いたい。そう思った私はスーパーでは満足できず、食材宅配もとことん試して比較しました。その結果を、安全性と価格帯、便利度でご紹介します。

胎児に悪影響、早産や流産リスクのある食べ物とは

妊婦さんが避けたい、注意したい食べ物とは「胎児に悪影響」「食中毒の危険」「子宮が収縮する」可能性があるといわれるものです。つまり、発達の妨げになったり障がいの原因になりうるもの、早産や流産リスクを高めるものですね。あまり神経質に考えすぎてもストレスになってしまいますが、私自身ができるだけ避けた食品を注意度別、理由別にご紹介します。

健康のために、まず調味料を替えてほしい

働きすぎて子宮をいため無排卵になった私は「自然妊娠が難しい」といわれましたが、食事と生活習慣による体質改善がきいたのか、元気な娘を生むことができました。その過程で学んだマクロビオティック、アーユルヴェーダなどの知識を総動員して、今も自炊しています。食事は健康の要、そして食事とは「食材」と「調味料」で作られます。妊婦さんやママには、まず手軽に買えて効果の高い「安全な調味料」選びから着手していただきたいです。

PAGE TOP