育児を楽しむ秘訣は、時間管理と家事の効率化

育児のイライラの原因のひとつに「時間がない」がございますよね。家事も育児も中途半端、まして早期教育、家庭保育園なんて手が回らない、というお悩みをいただくことも増えました。(私もまだまだなんですが…)仕事と同じく、できる人をみると時間管理が上手なんですよね。習慣にとらわれず無駄は省いて効率化し、お金をかけるべきものを見極めれば、ぐっと楽になりそう! そこで修行中の身ではありますが、私なりの1日のタイムスケジュールと家事の効率化、そして家庭保育園の活用方法についてまとめました。

0才からの右脳開発。実際のところ、どうなの?

幼児教室のなかでも有名な「七田式チャイルドアカデミー」は、全国450校ある右脳開発の幼児教室です。0才0ヶ月から小学6年生まで通えます。0才10か月の娘をつれて無料体験にいった際の反応、まわりのお子さんの成長の様子、果たして効果はあるのか、費用はどれくらいか、などを本音でご紹介します。

鉄棒、うんてい、マット運動のある本格的な体操教室

マイジムとは、アメリカ発の本格的な体操教室。二子玉川、広尾、吉祥寺、横浜、武蔵小杉、豊洲などに教室がありますが、広尾教室で0歳児クラスに参加した体験についてご紹介します。レッスンの進め方、子どもの反応、通っているママやパパの様子、費用、パーティイベントなどの情報、よく比較されるジンボリーとの違いを私なりにまとめました。

日本語OKの先生ばかり。大型遊具が楽しいジンボリー

ジンボリーとは、アメリカ発の0歳から5歳を対象とした体操・音楽・芸術教室。私は元麻布と自由が丘教室に通っていました。その体験をもとに、レッスンの進め方、子どもの反応、通っているママやパパの様子、費用、パーティイベントなどの情報をまとめました。よく比較されるマイジムとの違いや、実際に通って分かったいいところ悪いところもご紹介します。

赤ちゃんは知的なインプットが大好き!

赤ちゃんの脳はほぼ視覚から情報を吸収するそうです。目に入るものすべてが刺激なんですね。ですので見慣れた部屋を出て外を5分歩くだけでも、赤ちゃんの脳にとっては膨大なインプット。そんな赤ちゃん時代、せっかくお出かけするなら知的好奇心を満たす場所にも行ってあげたいですよね。0才の娘をつれて動物園、水族館、美術館、博物館、コンサートと知育に役立つおでかけを毎日していた経験より、都内のおすすめスポットをご紹介しております。

PAGE TOP