ママにだけできる「抱っこ法」がある

おっぱい飲んだ、おむつも替えた、抱っこもしてる。でも泣きやまない。極度の人見知りでママ以外の人に抱っこさえしてもらえない。夜泣きはいつものこと。急な号泣もしょっちゅう。ああもう、言葉が話せればいいのに! いったい何を考えてるの? お疲れのママにぜひご紹介したいのが「抱っこ法」です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

赤ちゃんが落ち着く「まんまる抱っこ」とは

もちろん我が子は可愛いのだけど、泣かれると疲れる。よその赤ちゃんと比べて、手がかかる。しょっちゅう泣くし、抱っこしても背中を反らせて大泣きする。寝ないし、寝てもおいたらすぐ起きるし……どうして?とお感じのお母様におすすめしたいのが「まんまる抱っこ」です。この記事では赤ちゃんを安心させ、発育を助けるまんまる抱っこの方法や、ボバラップ、スリングなど私が実践した抱っこについてご紹介しています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

子どもはみんな、ママの笑顔が大好き

子どものためにも笑顔でいたい。そう思っていても、そしてどんなに愛しい我が子でも、ずっと泣かれたりぐずったり、かんしゃくを起こしたり寝なかったり、発達が極端に遅くて心配続きだったりすると、お母さんも疲れてしまいますよね。育児は休みなき肉体労働なので、ため息だってつきたくなります。この記事では、そんな母の一人である私が家庭保育園から教わった「育てやすい子」のお話、また自分なりに考えたプロセスを書いてみました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

子育てに真摯にむきあえばこそ、苦悩も深くなる

子どもってほんとに可愛い、生まれてきてくれただけで奇跡、ただそこにいてくれるだけでいい……そう思える幸せな日もあるけれど、子育ては正解も休みもない日々の連続。逃げ場がなくてつらくてしんどくて、母親失格だ!と自分を責めてしまうときも時にはあると思うのです。この記事では、自身の反省、たくさんのお母様先輩からいただいたアドバイス、そしてブログを開設した経緯について書かせていただきました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

都内在住の1歳児の母。29才です

夫、娘(1歳)、猫とのんびり都内で暮らす29才の新米母です。(追記:現在は娘も2歳、ともなって私も30歳でございます…は、早い!)
子どもが本来もっている「育つ力」を理解して応援したい、自分の頭で考え、自分の足で立てる人間になれるよう見守りたいそんな思いで、早期教育の「家庭保育園」を中心に幼児教育に日々取り組んでおります。

といっても、受験目的のお勉強をやっているわけではなくて、早寝早起き、正しい食事を土台とした健康な体づくりと、「好き」「面白い」「知りたい」の芽を育ててあげる知的な環境づくりを楽しんでいるという感じでして、気楽に楽しんでおります^^

ブログの内容

妊婦さん情報

つわり対策
子どものアレルギーやアトピーを防ぐ食べ物
胎教
妊婦整体、ヨガなどの体づくり
シャンプーなどの経皮毒対策

ママ情報

おむつなし育児
寝かしつけ、夜泣き対策
家庭保育園などの早期教育
アレルギーを防ぐ離乳食
食事、調味料、水の選び方
母乳育児

などなど、どなたかのお役に立てるかな…と思った情報をまとめていく予定でおります。

もともと妊娠待ちの友人へのメモとして書いていたブログなのですが、有難いことに読者さまが増えてご連絡をいただくようになりまして、記事を整理して引っ越してまいりました。(ゆったりマタニティを書いているのと同じ管理人でございます)WordPress初挑戦で至らぬところも多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

私の育児のキーワード

自然療法、健康、食事

アーユルヴェーダ(神藤多喜子先生)
マクロビオティック
自然療法(東城百合子先生)
松ヶ丘助産院
トコちゃんベルト、整体(渡部先生)

早期教育、幼児教材、習い事

家庭保育園
※ディズニー、ベネッセ、七田式、ベビーパーク、ベビー公文、マイジム、ジンボリー、リトミック(YAMAHA、カワイ、音大)Music togetherなどなど、ひととおり体験しております。

愛読している育児書

佐々木正美先生「子どもへのまなざし
東城百合子先生「自然に学ぶ 食卓からの子育て
黒川伊保子先生「家族脳 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか
ドーマンメソッド
おむつなし育児
嫌われる勇気 など

お気軽にコメントくださいませ!

ぜひお気軽にコメントいただけると嬉しいです。ただ、以前トラブル(というほどのものでもないのですが)がありまして、残念ながら主人と「匿名でブログを書く」「オフ会などはしない」と約束して再開することになりました。「お友達になりませんか」というお誘いにはお応えできず恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone
PAGE TOP