ブログの内容と自己紹介

都内在住の1歳児の母。29才です

夫、娘(1歳)、猫と都内で暮らす29才です。(追記:現在は娘も2歳、ともなって私も30歳でございます…は、早い!)
子どもが本来もっている「育つ力」を理解して応援したい、自分の頭で考え、自分の足で立てる人間になれるよう見守りたいそんな思いで早期教育の「家庭保育園」を実践しております。

といっても、お受験目的のお勉強をやっているわけではなくて、早寝早起き、正しい食事を土台とした健康な体づくりと、「好き」「面白い」「知りたい」の芽を育ててあげる知的な環境づくりを楽しんでいるという感じで、気楽に楽しんでおります^^

ブログでご紹介していくこと

妊婦さん向け情報

流産や早産を防ぐ生活習慣
つわり対策
子どものアレルギーやアトピーを防ぐ食べ物
育てやすい子を産むコツ
妊婦整体、ヨガなどの体づくり
シャンプーなどの経皮毒対策

ママさん向け情報

ラクな子育ての秘訣
おむつなし育児
寝かしつけ、夜泣き対策
家庭保育園などの早期教育
アレルギーを防ぐ離乳食
食事、調味料、水の選び方
母乳育児の成功のコツ

などなど、お役に立てそうな情報をまとめていく予定です。

もともと妊娠待ちの友人へのメモとして書いていたブログなのですが、有難いことに読者さまが増えてご連絡をいただくようになりまして、記事を整理して引っ越してまいりました。(ゆったりマタニティを書いているのと同じ管理人です)WordPress初挑戦で至らぬところも多々あるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

私の育児のキーワード

自然療法、健康、食事

アーユルヴェーダ(神藤多喜子先生)
マクロビオティック
自然療法(東城百合子先生)
松ヶ丘助産院
トコちゃんベルト、整体(渡部先生)

早期教育、幼児教材、習い事

家庭保育園
※ディズニー、ベネッセ、七田式、ベビーパーク、ベビー公文、マイジム、ジンボリー、リトミック、Music togetherなどなど、ひととおり体験しております。

愛読している育児書

佐々木正美先生「子どもへのまなざし
東城百合子先生「自然に学ぶ 食卓からの子育て
黒川伊保子先生「家族脳 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか
ドーマンメソッド
おむつなし育児
嫌われる勇気 など

お気軽にコメントくださいませ!

ぜひお気軽にコメントいただけると嬉しいです。こちらのコメント欄が大変長くなりましたので、ご興味のある記事に書いていただけると助かります。ただ、以前トラブル(というほどのものでもないのですが)がありまして、残念ながら主人と「匿名でブログを書く」「オフ会などはしない」と約束して再開することになりました。「お友達になりませんか」というお誘いにはお応えできず恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

80 件のコメント

  1. さくら咲くsays: 返信

    rocomamaさま
    ご返信ありがとうございます!こちらこそ遅れてしまい申し訳ありません…なかなかパソコンに向かう時間がとれない毎日です。夜寝かしつけたあとが僅かながらのフリータイムなのですが、どうしても寝落ちしてしまい…涙

    予定を1週間単位で見るということ、参考にさせていただきます!確かに外出などがある日は同じリズムで生活することが難しくてどうしてもイライラしてしまいますので、この日は仕方がない、外出のない日に埋め合わせをしようと思うようにしたいと思います( ^ ^ )

    カホママさんの輪に関しても、記事にしていただけるとのこと、楽しみにお待ちしております!なるほど、教育熱心なママ友さんというのはそれはそれで難しいのですね…。ちょっとした発達の差でライバル意識を持たれてしまったりなどでしょうか?
    我が子は発達が標準か少し遅いくらいなので、いつか芽が出るだろうとのんびり構えておりまして周りのこの発達はあまり気にしていないのですが、発達が早いママさんは周りの子供達に敏感だったりするのでしょうか…ご意見参考にさせていただきます!

    カウンセリングが心強いのはおっしゃるとおりでして、しょっちゅう相談させていただいてまして、なんだかご迷惑でないかと思ってしまうくらい些細なことを相談しています( ^ ^ 😉 それでも育児のつまづきに答えてくれる場所があるのは本当に心強いですね!
    家庭保育園のいいところは、「お母さんが楽できたら育児は適当でいいんだよ」という、よくある保健所のお母さん第一のアドバイスではなく、時には厳しく子供のためにアドバイスくださるのがとても助かります。

    またお時間ある時に目を通していただけますと幸いです。ご返信ありがとうございました♪

    • rocosays: 返信

      さくら咲くさま、お読みいただけたとわかりほっといたしました。ありがとうございます。
      パソコンに向かう時間がないほど充実していらっしゃるわけで、カウンセリングもしっかり活用(私も、カウンセラーの方にいい加減呆れられないのかと思いつつです…笑)なさっていて、素晴らしいことだと思います!! 寝落ち、というのはお体が求めてらっしゃるのですから、どうぞご無理なさらずおやすみくださいませね。

      でもご自身の時間もほしくなる頃なんですよね、それもすごくわかります…。なかなかご主人様に預けにくいなどあるかもしれませんが、本当に1時間でいいので一人になるだけでも気持ちが変わりますよね。眠る前に三年番茶を一杯、起きてからは梅干しを入れて一杯、という渋い時間が授乳時の私のリラックスタイムだったのですが(笑)、ほんの10分でもいいので自分のことだけを考える時間をとれると楽だなぁと当時は感じました。

      カウンセリング、本当にそのとおりですね。とにかく虐待を防ぐためなのでしょうか、母はそのままでよいとか気楽な方がよいといわれる風潮に私も少し違和感がございます。短期的には気持ちが楽になるかもしれませんが、それでは解決しないような…人それぞれでいらっしゃるのでしょうが、そうではなく必要な指導をしてくださる相手って本当にありがたいですよね。
      我が家はもう3歳をすぎましたので、アフターが受けられるのはあと3年も残っておらず不安ですが、今のうちにたくさんたくさん学びたいなと思っております^^

  2. さくら咲くsays: 返信

    rocomamaさま
    ご返信がおくれて申し訳ありません。
    三年番茶はとても身体にいいですよね!私も好きです( ^ ^ ) こどもが小学校に上がってからも反抗期や思春期などで不安な事もあるかもしれませんが、きっと地道に続けてきた家庭保育園の働きかけのおかげで6歳以降はぐんぐんと自分の力で成長していける基礎のしっかりした子になってくれるであろうと、勝手に信じております(笑)
    私自身も、アフターフォローがなくなってしまうのは今は考えられませんが、きっと6年かけてrocomamaさんの様なたくましい母親に成長できると信じております(笑)

    そしてとても些細なご質問なのですが、育児をして初めての冬をどう乗り越えようか、少し悩んでいる部分がありまして、よろしければお時間のあるときにご相談にのっていただけますと幸いですm( _ _ )m

    西原博士の書籍では「できるだけ身体を温めなさい」というご指示、そして家庭保育園推薦の乳幼児の過ごし方に関する書籍では「素足で過ごす事が脳の発達に良い」とのご指示なのですが、靴下を履かせようか履かせないかかなり迷っております….

    rocomamaさんのお嬢様は風邪ひとつひかない健康時でいらっしゃるとの事、風邪やインフルエンザををもらわない努力など、ぜひ冬の過ごし方を真似させていただきたく…!

    図々しいご質問恐れ入りますが、よろしければアドバイスくださいませ。

    • rocosays: 返信

      さくら咲くさま、こちらこそお返事が遅くなり申し訳ございません。小旅行に出かけておりまして、失礼いたしました。本当にアフターフォロー、心強いですよね!お尋ねの冬の過ごし方についても、1年前だったか2年前だったか…掲示板で同じご質問をされていた方がいらっしゃったと記憶しておりますよ^^ たしかその土地に応じた過ごし方についてお話しされていたと思いますので、検索されてみてくださいね。

      我が家は都内ですので、基本的には家の中では今も素足です。外出時、冬場は靴下をはかせておりました。ですが寒がったときには、家の中でもルームソックスをはかせることもありますし、あたたかなベストやネックウォーマーをかぶせることもございますよ^^

      風邪やインフルエンザ対策は本当に基本のことしかしていないのですが、早寝早起き・食事・運動・手洗いうがいの徹底・部屋の掃除と換気、くらいでして(0歳児はうがいができないので手洗いだけでしたが)お出かけもよくしているのですが、今のところ元気にしております。0歳から手洗いの習慣をつけておくと嫌がらないように思います^^
      食事はきっとお気をつけていらっしゃることと思いますが、ご参考までに書きますと栄養バランスのとれた献立、具体的には素材の良いもので手作りした和食をなんでも好き嫌いなく食べること、間食はおにぎりか果物を1日1回でお菓子は一切なし、という感じです。母乳のみの時期は、とにかく私が体をあたためる食材をとるようにしており、辛いものや甘いお菓子は控えておりました。と、書くほど特別なことではないのですが…笑

      あとは、乳幼児の集いみたいなものに0歳の冬場はあまり行きませんでした。乳幼児コンサートなどはよく参りましたが、児童館のイベントみたいなものには行かず(おもちゃをなめる時期でしたので)、お稽古ごとでも明らかにお鼻がすごいことになっているお子様や、お咳をなさっている方がいらしたら早めに失礼しておりました。今思えば気にしすぎだったかなと思いますが、0歳児とむかえるはじめての冬は心配ですよね、すごくわかります…。風邪と無縁でのりきれますように!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://rocomama.com/wp-trackback.php?p=2

PAGE TOP