家庭保育園のHPが見られないようです

ずいぶん更新が滞っており、かつ残念なお知らせで申し訳ございません。
家庭保育園ユーザーの方以外には無意味な記事ですので、ご注意くださいませ。

昨年末からずっと家庭保育園のHPが「工事中」と表示されてアクセスできず、東京支社に至っては、HP自体なくなってしまっている…とのお声を私宛にもいただいております。
既存会員にも何のお知らせもない状態ですので、私も皆さまと同じく戸惑っております…。

ブログをお読みになった方から「資料請求をしようとしたけれど、HPが機能していないようなのですが」というお話を伺う度、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
ブログに時間をとれない状態が続いているのですが、近い内に記事も整理したいと思っております。

なぜ工事中なのか等、問い合わせてみましたが明確な回答はいただけませんでした。
いち会員にははかりしれないご事情があるのだとは思いますが、心からよいものだと思っていただけに今回のご対応は残念でなりません。
私自身も第二子を希望しており、もうアフターフォローに入会できないということにも悲しみを覚えております。

取り急ぎ、私が認識した現状としては
・すでにアフターフォローに入会済みの方は、引き続きカウンセリングを受けられる。
(ただし電話対応の方は激減され、いつお電話しても同じ方にしかつながらなくなってしまいましたので、私はもう利用しておりません)
・今後ご入会希望の方は、おそらく本社HP記載の電話におかけになれば入会できる
(ただしアフターフォローには入会できず、ご相談は各地域の営業担当の方に一任という形のようです)
・既存会員で第二子、第三子と出産した場合も、もうアフターフォローには入会できない
ということのようです。

アフターフォローあっての家庭保育園と思っておりましたので、今までのようにはおすすめできないというのが私の本音でございます。もちろん教材自体とてもよいものですので、買おうかしら?とお尋ねがあれば「ぜひ」と思いますが、数万円程度のお安いものでもございませんので、せっかくご購入なさっても使いこなせるのかどうか案じてしまいます…。

そのような次第で本ブログも進退をどうしようかしらと考えあぐねているのですが、ご心配のご連絡を多々頂戴しておりましたので、ひとまず近況をアップさせていただきました。何も内容のない記事で、申し訳ございません。私自身はとても元気にしており、娘もプリントに嬉々として取り組んでおります。皆さまがたも、どうぞ毎日の育児をすこやかにお楽しみになれますようお祈りしております。

18 件のコメント

  1. キノコsays: 返信

    こんにちは。初めてコメントいたします、キノコと申します。現在1歳3ヶ月と新生児の娘2人を育てている年子ママです。
    上の娘が新生児の頃、抱っこ以外では眠らない子だったのであれこれ調べているうちにrocoママ様のブログに出会い、とても助けられました。
    育児に追われ、思い通りにならない生活をしていると、余裕がなくなりついつい子どもにあたってしまいそうになりますが、rocoママ様の記事を読むと、ああこの子だって生まれたばかりで戸惑ってるのに、頼りになるはずの母親にも怒られて辛かっただろうなと反省し、もっと優しくしようという気持ちになりました。
    特に今は年子育児で、1人1人に十分に構ってあげられず、申し訳なさで涙が出てしまうことが多いです。そんな時はこのブログの過去記事を読み、前向きにいこうと気持ちを切り替えています。
    久しぶりに更新記事が読めて、とても嬉しいです。私は家庭保育園には入っていないのですが、同じ様にこのブログに励まされている母親も多くいると思います。
    一度お礼を言いたかったのでコメントいたしました。

    • rocosays: 返信

      キノコさま、わざわざご丁寧にコメントをいただきまして、ありがとうございます。有り難くって、なんだか涙がでてしまいました…。
      「この子だって生まれたばかりで…」とのお言葉、とてもとてもよく分かります。子どもにとっては母が全てといっても過言ではないのに、その母に突き放されたり失望されたり冷たくされては、もう行き場がないのですよね。分かっているのに必要以上に厳しくしてしまったこと…私は何度もあります。
      私の場合はほとんど「時間がなくて焦っている」ときだったので、冷静に考えると私の勝手な都合だなぁ、本当にこの子のためを思ってのことなのかしら、私の不安解消のための詰め込みじゃないのかしらと、あわせて反省したりして…本当に、余裕が何より大事でございますね。

      なんと年子でお育てとのこと、頭が下がります。きっとお子様がたは、そうやって悩みながらも頑張ってくださっていることを誰より分かっていらっしゃるのでしょうね^^ それに年の近い兄弟って誰より楽しい遊び相手にもなると思うので、大きくなってから感謝されそうです。
      母が笑顔でいることは何より難しいことだったりいたしますが、これだけ母の笑顔を喜んでくれる子たちがいるかぎり、なんだかんだ頑張れるのかもしれませんね。お互い体に気をつけて楽しんでまいりましょうね。
      とても嬉しいコメントを、ありがとうございました。

  2. りんこsays: 返信

    先日はメールにて失礼いたしました。
    りんこ です。

    アフターフォローの件、大変残念ですね、、、
    ご存知かもしれませんが、すくすく母親学級や、家庭保育園タイムズ、幼児発達検査なども、アフターフォローの一環のため、廃止されるようです。すくすく母親学級の内容は本当にためになるものばかりで、何度も読み返しておりましたので、大変残念です、、、
    家庭保育園は教材もしっかりしてますが、活用法をアフターでちゃんと教えてくださるのが、私としては、大変助かってました。育児の小さな悩みから、発育のことまで、電話で気軽に相談できたので、いつも電話後に心がホッと軽くなっておりました。
    長男が3歳になるまで、あと11ヶ月ですが、その間にまたいろいろと悩みも出てくるだろうと思います。3歳までに目一杯、利用させていただこうと思いました。。

    なんだか、少し寂しい気分になってしまったので、こちらにコメントさせていただきました。
    内輪での内容で申し訳ありません。

    • rocosays: 返信

      りんこさま、コメントもありがとうございます。私こそものすごく内輪の記事でございます…!笑 
      数年前は、家庭保育園といえば教育に関心のあるお母様の集まりでは必ず通じたのですが、もはや0歳児の方とお話しても一切ご存知なくて…。寂しいですね。
      教材はできる限り、孫の代までとっておこうかと思っております。

      すくすくやタイムズがなくなるのは存じていたのですが、発達検査もなのですか?! あれなくして、どうやって成長の目安をたてたらいいのでしょうか…。ということは修了時の知能検査もなくなるのかもしれませんね。幼稚園受験のよい予行演習にもなったのですが、本当に残念でなりません。娘のときに書きこんでしまったのが悔やまれます。コピーをとっておけばよかったです…。
      3才までに、その後の使い方まで伺っておいてもよいかもしれませんね。すくすく通信や指導プログラムも今となっては貴重品ですね。私も何度も見直しては、励まされております。
      こんなによいものですのに、数年後にはなくなってしまうのでしょうね。なんとか最後の世代として間に合った幸運に感謝して、過ごしてまいりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP