断乳は悲しいだけの事件じゃない。自立の第一歩です

赤ちゃんが生まれてからずっとあげてきた、おっぱい。大好きなママの大好きなおっぱいを卒業することは、多くのお子様にとって生後一番のショックではないかと思います。そして見落とされがちなのですが、ママにとってもすごく寂しい事件でもあります。でもだからこそ、断乳は自立の第一歩なのだそう。この記事では私が家庭保育園と桶谷式で教わった断乳と卒乳の違い、断乳する時期ごとのメリットとデメリットをご紹介いたします。

断乳と卒乳の違いとは

最近では「断乳」より「卒乳」という言葉を耳にすることが増えましたよね。明確な定義はないようですが、私なりの解釈としては「この日にやめましょうね」とお約束して計画的にやめることを「おっぱいを断つ=断乳」、そしてお子様が自然と飲まなくなるまで待つのが「自然な卒業=卒乳」と使われているように思います。ただ「子どもがなんとか我慢してできた断乳」も、卒乳という傾向が増えているようにも感じます。

断乳

私自身は断乳という言葉の響きがなんだか厳く感じて抵抗があったのですが、今となってはあれは「断乳」以外の何物でもないのだと感じます。本当に満足するまで飲ませる自然卒乳でない限り、卒乳などとやわらかな言葉の響きでごまかさず、はっきり「おっぱいを離れる、断乳なんだ」と考えて臨んだ方が母子ともにストレスなくすごせるように思います。愛情をこめて毎日あげてきた、我が子が大好きなおっぱいです。寂しいけど、これを乗り越えて成長しようね!と覚悟していたほうがかえってスムースではないかなと思います。

断乳と自然卒乳、どちらがいい?メリットとデメリットとは

1歳までの断乳のメリットとデメリット

断乳も卒乳も、それぞれのご家庭によってご方針が違って当然だと思います。どれが正解というわけでもないのですが、私が知り得たご意見をご参考までにご紹介いたします。ケースバイケースだとは思いますが、私自身は色々な方のお話を伺うことで自分なりの指針がみえましたので、もしよろしければお読みくださいませ。

まず、0〜1歳前半までに断乳をされるケースでよく伺ったお話です。
<メリット>
・(保育園にお通いの方)お母様が搾乳などしなくてよい
・夜間授乳がなくなり、お母様の体がラクになる(代わりに夜泣きが起こるケースもある)
・離乳食をモリモリ食べるようになり、体重の心配がなくなる
・意外とおっぱいへの執着が少なく、泣いてすぐおさまることも多い
・自我の目覚めが早く、自立しやすい。母子分離できやすいと感じた。

<デメリット>
・早くから本格的な離乳食で栄養をとらなくてはいけないため、離乳食の準備・食べさせるプレッシャーに追われる
・(断乳のせいだけかは分からないが)体が弱く風邪をひきがち。2歳前まで飲ませていた第1子とは明らかに違って、免疫力が弱いと感じる
・自我が目覚めて意志が強くなるが、言葉や行動はまだ追いつかず癇癪を起こしがち。なだめるおっぱいもないので、かなり苦労した。イヤイヤ期のようなものが長いと感じた

卒乳

2歳まで(1歳後半)に断乳するメリットとデメリット

私も娘が1歳10ヶ月のときに断乳しておりますので、こちらは私の体験談もふまえてご紹介いたします。
<メリット>
・体が育っており消化能力もあるので、離乳食に移行しやすい。断乳後に体調をくずしにくい
・お約束をする、日を決めて数えるということが理解できるので、断乳の日を本人と決められる
・母からのNO(おっぱいだめよ)を葛藤しながらも受け入れて自立の土台とできる時期→このメリットは断乳時期によらずあると思いますが、私自身すごく感じましたので後述いたします。

<デメリット>
・(保育園にお通いの方)搾乳や冷凍母乳、また特別離乳食などで手間がかかった
・長く飲ませているので母子ともにおっぱいへの愛着があり、特に母のほうがつらかった。母が卒業できず、その寂しさが子に伝わって混乱させてしまった
・イヤイヤ期と重なり、泣いて暴れて本当に大変だった
・夜間授乳もずっとあったので、母が慢性的な睡眠不足で疲弊した

断乳

2歳以降での自然卒乳のメリットとデメリット

最後に、2歳以降も飲ませて自然に卒乳なさったケースです。こちらは周りのお母様では少ないケースで、5名しかいらっしゃいませんでした。そのためご意見が対極だったりもするのですが、ご参考までに。
<メリット>
・なんといっても授乳の幸福感を、心ゆくまで母子ともに堪能できたのがよかった
・子どもが泣くのを見なくてすんだ。両親もそのプレッシャーがなかった
・夏場の水分、塩分補給もすべて母乳でおぎなえてラクだった
・授乳があると思うと、母の食事を節制することができた
・自分で決めて卒乳したので、なんだか頼もしくなった。満足できた自立だと思った

<デメリット>
・あんなに大きい子が飲むの?と、ギョッとされることが多々あった
・授乳によって水分補給が多かったからか、おむつはずれが遅かった
・(上記メリットと矛盾しますが、別の方のご意見で)とっても甘えん坊になり、また自分も子離れができず、幼稚園入園時にとても苦労した。今でもママにべったりタイプで少し心配
・精神的に幼く可愛い反面、少しでも何かあると「ママ〜」と頼りがちな気がする

断乳

つらつらと書いてはみましたが、やはりお子様それぞれタイプがあるでしょうし、上記のメリットとデメリットはどうぞご参考程度にお考えいただければと思います。ただ、どのケースでも共通すると感じたのは「断乳」を良い機会ととらえて新しい関係性を築こうと前に進んだ方々が、総じて「子どもが成長した」とおっしゃっていたことです。

断乳に限らず様々な通過儀礼がございますが、いつでも「母が前向きで、機会を活かそうと努力すること」がやっぱり一番なのだなと思いました。つらい、しんどい、寂しい、そんな気持ちは育児中ついてまわりますが、それでもぐっと踏ん張って笑顔でいられる母でいたいな、と改めて感じました。

結局、断乳と卒乳はどちらがいいの?と私が考えた結論

上記のとおり、月齢によってある程度の傾向はあるように感じましたが、家庭保育園でも桶谷式でも「絶対にこの月齢じゃないとだめ」ということは言われませんでした。(お友達のカホママさんと話すと、カウンセリングで1歳後半での断乳をすすめられたケースが多いように思いますが、これも母子のタイプによるようです)当然のことではありますが、断乳時期(または自然卒乳を待つか)は母子で決めていいものなのだと思います。

私自身は、娘の精神的な自立と体の消化機能を考え、かつ体調をくずしやすい夏冬を避けるということで、1歳10ヶ月を選びました。具体的に書きますと、

・専業主婦のため、いつも一緒。おっぱいをあげようと思えば、いつまでもあげられる
→本来は自立心旺盛なタイプなのに、むしろ私が依存させようとしている気がしていた。
・1歳でスタートした西原式離乳食で、好き嫌い・アレルギーはないものの体重は増えない
→どうしてもおっぱいで満足してしまい、食事量が少なめで気になっていた。

という状況で、当初の予定は2歳で断乳だったのですが、それまで待っているとなんだか違うなと感じたのでした。家庭保育園のカウンセリングで何度もご相談し、桶谷式にも通って、最終的には娘と話して「1歳10ヶ月」に決定しました。

断乳時期

体験談は別記事に書く予定ですが、この時期にして本当によかったです。断乳翌日、娘は葛藤もあったようですが、泣くことはなく一所懸命こらえていました。食欲も一気に増しました。そして自分の意志がはっきりと強くなりました。訳も分からず暴れて泣くとか、何かに執着して聞き耳を持たない自己主張、ということではなく「私はこうしたいの」という気持ちが明確になったんですね。

よい表現ではないですが、あえて書きますと「従順なお人形さんのような赤ちゃん時代」を自分の力で卒業して、「自分の足で立ちたいと思う子ども」になろうと頑張っていた、と思います。家庭保育園で教わっていたとおり、乳児から幼児になったのですね。娘の自我が目覚めつつあるタイミングで「大好きなものを卒業する」という苦しさを経験できたからこその成長だったように思いますので、我が家の場合は1歳10ヶ月での「断乳」にしてよかったと感じました。

もちろんいいことばかりではなく、親である私の戸惑い、未熟さによるイライラもありましたが、それはまた長くなるので別記事に書きたいなと思っております…苦笑

なお、矛盾するようですが、家庭保育園のカウンセリング掲示板で「卒乳」や「断乳」を検索すると様々な体験談が紹介されており、なかでも自然卒乳をなさったお母様のアドバイスは、本当に心から満足したお子様のご様子がよくわかりとても素敵でした。もしまだ未読のカホママさんがいらしたら、読まれてみてくださいね。

断乳時期を決める注意点

断乳時期は母子が決意さえできればいつでもよいのではないか、と書いてまいりましたが、どんな場合でも共通しそうな注意点だけ最後にまとめてみました。

できれば夏と冬は避ける

これは家庭保育園の先輩ママさんから教わったことですが、真夏と真冬はただでさえ体力を消耗するので、避けたほうがよいとのことでした。断乳後は母子ともに体調を崩しやすいですし、もしお子様が「おっぱい以外は飲まない」とストライキを起こした場合も心配なので、できるだけ春か秋がよいかと思います。

断乳後3日間、できれば1週間は重要な予定をいれない

断乳後はおっぱいが張ります。桶谷式に通うとしても、冷やしたとしても、どうしても張ります。熱が出たり体がだるくなったり、今までの疲れが一気に出たり(そしてお子様が泣いてしまう可能性もあるので、その対応の可能性も)驚くほどしんどいです。

ただ単におっぱいが止まるのではないのです。体は全力で「おっぱいの出ない体」に戻そうとしますので、ものすごい負荷がかかります。体力にだけは自信のある私もすごく疲れました。一番きつい3日間、そして可能であれば次の週末までは重要な予定がないほうがいいと思います。

断乳時期

断乳後の母のマッサージを予約しておく

断乳を自力で乗り切る方もいらっしゃいますが、私自身は桶谷式などのおっぱい専門ケアに通うことを強くおすすめいたします。自分で搾乳したり冷やしたりでは追いつかないほど、しんどいし疲れますし痛いです。プロの手技は素晴らしく、さわるだけで痛かったおっぱいがすーっと抜けていくんです。人によるのかもしれませんが、私はまったく痛くありませんでした。自分ではキャベツを替えるだけでも痛かったのに!(桶谷式ではキャベツで胸を冷やします。ちょっと青虫の気分。笑)

断乳後、半年経ってからなんとなくしこりを感じて初めて桶谷式に行ってマッサージを受けたら、まだまだおっぱいが出たという友人もいます。おっぱいが残っていると乳がんのリスクが…という説の信憑性は分かりませんが、あれだけ出ていたものを止めるわけですから体に負担がかかるのは当然で、時間が許すなら通ったほうが不安がないと思います。

なお、桶谷式といっても先生がたには個性があり、正直申し上げて合う合わないもかなりあります。(何が何でもおっぱいに顔を書けという方もいますし…)料金にも差があるようです。お店もあれば出張してくださる方もいます。大切なおっぱいをお任せするわけですので、断乳を決めたら早めに1度行って、おっぱいの様子をみていただきつつ、相性をご判断なさったほうがいいように思います。私は全部で5回通い、1回3000〜5000円前後でした。春と秋の長期休みは混みますので、ご注意くださいね。

私が読んだ桶谷式のご本はこちらです。断乳以外にもためになる育児本でした。

ワクチン接種の時期を避ける

ワクチン自体の是非もありますが、私は悩んだ末に接種しております。娘は幸い副反応が出たことはありませんが、医師の友人から「ワクチンを甘くみないで、接種後2週間は変わった予定をいれないほうがいいよ」と言われたことがあるので気をつけております。とにかく断乳は体調を崩しやすいので、ワクチン時期は避けたほうが無難かもしれません。

まとめ

ー断乳は母子ともに大変な通過儀礼、同時に成長のきっかけでもある
ー断乳時期は人それぞれでよいが、起こりうる状況を予測できれば少し楽かもしれない
ー春と夏、また夫婦ともに休みやすい時期の断乳が望ましい

断乳はただ単に栄養補給の方法が変わるということではなく、母から一歩離れて自立する、ということなのだと思います。抱っこしておっぱいを与えられるだけの赤ちゃんから、自分で水や食べ物を要求していく子どもになり、ひいては自分でしたいこと、自分の気持ちを表現できるようになっていくんですよね。同時に母も、赤ちゃんの母ではなくて子どもの母にならなくてはいけないということなのだと感じます。

乳首が切れて血が出たり、吸われすぎて痛かったり、夜中まであげて眠りが浅かったり、つらいこともあったはずなのに、断乳した今思い出すのはあの幸せな幸福感だけです。もう2度とあげられないからこそ、みなさまの断乳が納得のいく儀式になりますよう、お祈りしております。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone