国旗や世界地図を子どもが楽しく学ぶ方法。0〜3歳もぜひ!

赤ちゃん、子どもだからこそ国旗や地図が大好き!

乳幼児の頃から、可能な限り持っている力を伸ばしてあげたい。そう思って、無理のない「家庭でできる早期教育」を目指し取り組んでおります。この記事では、なぜか多くの子を惹きつけてやまない「国旗」「世界地図」を楽しく覚えて知性を伸ばす取り組みについてご紹介させていただきます。本質を見抜く力が強い0才さんはもちろん、何才でもきっとお楽しみいただけるのではないかな〜と思っております。

国旗や地図を早期教育の「暗記の材料」にしてはもったいない

早期教育と名のつくものはひととおり調べて試した私なのですが、なかでも「地図」モノの知育グッズってあふれているなぁと感じます。身近なものとしてとらえやすい題材で、かつ親としては遊んでくれるとちょっと嬉しい、「明らかに教育に役立ちそう」なおもちゃだからでしょうか。笑
子ども,世界地図

それに子どもって、なぜだか国旗や地図が好きなんですよね。考えてみれば国旗って、一国の歴史やビジョンがすべて詰まっている図案なわけでして、調べてみるとすごく面白いもの。そして地図も、このように分かれた経緯を考えると、気候、戦争、宗教、民族性と世界を俯瞰してみることができますものね。

こんな面白い題材を、ただの「暗記の材料」にするのはもったいない気がいたします。ある幼児教室では「我が校の卒業生は国旗を○才のときに○個言えました、都道府県はナントカカントカ」とご紹介もあったのですが、実は私自身がそういうタイプの子どもだったものの中学にあがる頃にはすっからかんに忘れていたという思い出もありまして…笑 ただの暗記では、集中力の鍛錬程度にしかならないように感じるんですね。

子どもの世界地図

0才〜3才頃の、最も伸びやすく柔らかな脳、感受性に、記号としての知識をただ植えつけるのではなく、なぜロシアは広いのか? なぜ中国にはパンダがいるのか? なぜ日本の国旗は日の丸なのか? と親も一緒になって調べながら、子どもと自然に楽しみたいなぁと私は考えたのでした。


ちなみに私が胎教で、お腹の娘に読み聞かせていた本のひとつにこの「若い読者のための世界史」があります。歴史を端的に語ると結局は戦争の話ばかりで胎教にはさすがにどうだろうと迷ったのですが、学問として歴史や科学の本はひととおり読むことにしまして、この本をベースに血なまぐさい描写は省いてさらさらっと聞かせました。親が歴史のおさらいをするにはとても分かりやすいご本で、おすすめです!

子ども子どもしたおもちゃではなく、本物を

子どもの知性を本当に伸ばせるおもちゃ、知育グッズというのは、実はものすごく限られている、そう感じます。なんだか子ども子どもしていて、妙にカラフルで、目をひくんだけど飽きやすい。そんな「使い捨ておもちゃ」が多い気がいたします。赤ちゃんは特に鋭いので、しょうもないおもちゃなんてみせると明らかにがっかりするんですよね。

子どもの世界地図

私が胎教から取り組んでいる幼児教材の「家庭保育園」は、本物の知育玩具がつまったもので本当に感謝いたしておりますが、だからこそプラスして取り入れたい!と思えるものって、すごく少ないのです。(家庭保育園でほぼまかなえるということもありますが)そのため、私が「国旗」「世界地図」「日本地図」について家庭保育園にプラスした知育グッズはあくまで「ツール」としてのシンプルなものばかり。パズルなどはあえて手を出しませんでした。

※国旗そのものは、家庭保育園の絵カード1500を使用しています。国旗は細部まで描かれており、数も申し分ないですね。絵カードの裏に、面積や人口、ちょっとした特徴などを書き込んで、フラッシュカードのあとに読んでおります。

壁に貼ってはがせる、国旗も書かれた世界地図シール

私の勝手な好みとしては、羊皮紙に描かれたかっこいい世界地図を飾りたいのですが、その手のものだと国旗が描かれているタイプが見つかりませんでした。また子どもが自由にさわれて、濡れた手や汚れた手で触っても大丈夫で、飽きたら取り替えられるように、ということで、最終的にはウォールステッカーの世界地図を貼ることにいたしました。

ウォールステッカー ウォールステッカー 北欧|インテリアシール ウォールシール ウォールステッカー 窓 世界地図

ウォールステッカー 世界地図
価格:1,980円(税込、送料別)

ウォールステッカーなので壁に貼ってはがせますし、賃貸のおうちでも大丈夫だと思います。(そう書かれていますが粘着部に経年変化はあるでしょうから、毎年貼り替える方が無難かとは思います。我が家は1年以上貼っていたものも、きれいにはがせました)いろいろ調べましたが、これが最も国旗の数が多く、国ごとの特徴が絵で表されており子どもの目をひきます。大陸の形もわりと細部までしっかりしております。

子どもの世界地図

上記のようにたくさん国旗がのっていて楽しいのですが、0才の頃だと国旗の図が少し小さいかと思いまして、最初は以下のウォールステッカーを貼っておりました。これは国旗の数が限定されるものの、大きく描かれており見やすいです。ただし、大陸の形など若干あやしく(笑)上でご紹介したものより大雑把かなと思います。ブレキエーションをご紹介している「家庭保育園のドーマン法を実践!ブレキエーション購入時期、価格、注意点まとめ」の記事で、娘がぶら下がっている後ろに貼られているものがこのタイプです。

世界地図や特徴を楽しく学ぶなら「新・世界図絵 MAPS」が一番!!

世界の国を楽しい絵柄で紹介してくれる大型本が、新・世界図絵 マップス(MAPS)です。縦40cm弱とかなり大きくて見応えがあり、子どもの視力でも十分楽しめます。首都、人口、広さ、言語はもちろん、特産物や工芸品、文化、めずらしい動物までありとあらゆる情報が集約されています。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【高額商品】【3倍】マップス [ アレクサンドラ・ミジェ...

【楽天ブックス】マップス
価格:3,456円(税込、送料込)

娘はなぜかポーランドがお気に入りで(すべて写すのはいけないことかと思い、部分だけの写真で見づらくで恐縮ですが)コペルニクスって人はね〜、フクロウがいるね、フクロウっていうのはね〜などと教えるでもなく私が話すと目を輝かせて聞いております。やっぱり「お勉強」っぽくないことが好きなのですね、子どもって。笑

世界図絵の口コミ

そして我が家には家庭保育園があるので、こうして話す断片的な知識が、実は教材のそこかしこで補完していただけるんですよね。たとえばコペルニクスなら「天動説の絵本」につながりますし、フクロウの話は「なぜなにブック」にありますし。こうやって連動して遊んでいると、娘が勝手にどんどん遊ぶようになって大変助かっております。

ただ、MAPSは本当に楽しいご本なのですが、残念ながらページ数が限られており省略されている国も多々あります。(家庭保育園の絵カード数が多いからそう感じるのかもしれませんが)2、3と続刊していただけることを切に望みます…。ちなみに英語版もありますので、英語教育に注力なさっている方にはそちらもおすすめです。

人や物語への興味が強い子には、偉人伝もおすすめ

世界地図から派生して、世界の偉人伝もよく読んでおります。MAPSには偉人の絵もところどころありますので、出てきた方を探して読むという感じです。偉人伝は嘘ばっかりだとか、後世が美化しすぎているとか様々なご意見もありますが、とはいえ人の美徳が分かりやすく書かれたご本として、知っておいて損はないのではないかと私は考えております。

偉人伝も色々と種類がございますが、まずはじめのきっかけとしては、大人数の功績が要約されており絵も多いものがいいかと考えこちらを選びました。簡単な偉人伝のあとに、大人向けのコラムのようなものもあり満足しております。なにせ101人もいらっしゃいますので、好みにあう物語がひとつはあるのではないかと思います。

国旗が大好きな子は、由来がわかる「完全版こっきのえほん」を

本人がすべて理解して楽しむのは少し先だと思いますが、国旗図鑑というものがあります。なかでも、戸田やすしさんの「完全版こっきのえほん」は、なんと全世界のすべての国が、同じ大きさ、同じページ数、同じ情報量で平等に紹介されているという稀有なご本です。MAPSもそうなのですが、どうしても先進国以外の情報って省かれがちなんですよね。この絵本では、小さな新しい独立国家もすべて網羅されています。中身はカラーです。

ページを開くと、とてつもない迫力で国旗が書かれ、その由来が簡潔に紹介されています。首都、人口、面積、言語、時差など、シンプルながらも情報がたくさんあり、見ているだけで旅行したくなるほど。2才の娘はまだパラパラ遊んでいるだけなのですが、とても楽しそうです。知らない国がたくさんあり、私も本当に無知なのだなぁと思い知りながら一緒にパラパラしております。笑

絵カード+世界地図+MAPS+偉人伝で楽しく遊んだ体験談

これは家庭保育園ママさん向けのお話で恐縮なのですが、娘が1才半の頃から「絵カード+世界地図+MAPS+偉人伝」の組み合わせがものすごく気に入ったようで、毎日せがまれるようになりました。国旗の絵カードをしたあと、世界地図のところに行って同じものを探し「あったー!!」と私を呼び、MAPSを開いてその国について調べはじめる、偉人らしき人がいれば偉人伝をもってくるという具合でした。

と申しましても、はじめの内は「なぜその国旗を、これだと思うのだろう…w」と不思議に感じるほど、私からみるとまったく違うものを指しているときもありましたし、先日もコンビニでツタヤさんのロゴをみて「スウェーデン〜!」と喜ぶという珍プレーもございました。笑 ので、国旗を完璧に暗記しているとか見分けているわけではないのですが、自ら得た知識、自ら調べた経験そのものを大切にしてやりたいな、と思っております。

日本地図は定番の「にっぽん地図絵本」がおすすめ

日本地図に関しては、実は「心よりおすすめ!!」というグッズがみつかっておりません。家庭保育園の絵カードはもちろんしており、県庁所在地や特産品くらいは話しておりますが、MAPSほどインパクトのある補助グッズがなかなか見当たらないんですよね…。おすすめがあればぜひ教えていただきたいです。

そんななか、一番いいなと思っているのは昔から定番の「にっぽん地図絵本」です。各地域の気候、特産物などが平易な日本語で紹介されており、クイズなんかもあって楽しい作りになっております。絵も色も見やすく、さすが売れ続けているご本だなと思います。

ただ、どうしてもお勉強っぽさがちょっとありまして、お子様の好みが分かれるところではないかなと…。いわゆる「親としては最高」に思える中身なのですが、子どもからするとちょっぴり説明くさいのではないかな??と。MAPSに比べれば、ということなのですけれどもね。もし絵カードの県庁所在地が好きだったり、地図が好きなお子様にはぴったりだと思います。

※2016年3月追記※
娘が「◎◎ってどこにあるの?」と位置関係・地図に興味を示すことが増えたので、日本地図についてカホママ先輩に相談したところ、上記の本に加え公文のパズルが一番よいとのことでございました。手でさわって都道府県の形を覚えられ、とっても楽しいそうです。手先も使うし、パズルとしても面白いので、興味をもったのなら今すぐやってあげて!とのことで、早速購入いたしました。いつもながら、なぜかアマゾンだと(楽天より)格安だったのでリンクを貼っておきます。

公文の都道府県パズルについて娘の反応はというと、もう大喜び!!でございます。「これは、おばあちゃまがいる県?」「軽井沢があるのはどの県?」と楽しく遊んでおります。旅行に行くたびに確かめているようです。パズル自体にそこまで興味はなかったのに、こちらから派生して家庭保育園の幼児パズルもまた遊び始めました。

覚えなさい!遊びなさい!ではなく、やはり興味をもった瞬間もしくは持ちそうな瞬間にさっと与えるというのが、親がしてやれる唯一のことなのだなと感じました。今回もカホママ先輩には大変お世話になり、感謝の言葉もありません…。

まとめ

ー子どもは国旗や世界地図が好き!暗記ではもったいない
ー絵カードと連動して絵本や地図をつかうとより楽しい
ー偉人伝、国旗絵本など、興味はどんどん広がる

子どものおかげで、私もまた勉強ができて有難いなぁと思っております。大先輩のママさんから教わった、子どもの知性の伸ばし方のコツについては「0〜3才の冬の知育におすすめ!ヒヤシンスを育てると知性も育つ2」で紹介しておりますので、あわせてお役に立ちますと嬉しく存じます。

 

※ご紹介したものが「すでに売り切れていて買えないのですが…」とご報告をいただくことが度々あり(ありがとうございます。そして確認不足で大変失礼しております…)特に児童書はすぐ在庫0と表示されるので、Amazonさんと楽天さんを調べて記載してみたのですが、両方売り切れておりましたら誠に申し訳ございません…。個人的にはAmazonさんのほうが売り切れが少ない気がいたします。いつもAmazon&ヤマトさんにお世話になっております…。※

10 件のコメント

  1. La vie en rosesays: 返信

    はじめまして。とても勉強になる記事で授乳しながら没頭して読んでしまいました。間も無く生後二ヶ月の子供がおりますが、いつくらいからこのような地図、国旗に関する取り組みをされていらっしゃいましたか?だっこしながら世界地図を眺めたり、mapsを読み聞かせしたりしてみようかなと思うのですが、早いでしょうか?また、早く与えると、本当に興味を持ちそうな年齢になった時に、興味をそそらないということにはならないのでしょうか?ご多用かとは存じますが教えていただければ幸いでございます。

    • rocosays: 返信

      La vie en roseさま、ご丁寧にありがとうございます^^ 
      私の勝手な解釈なので、ご回答になるか分からないのですが…まさに「抱っこしながらママが楽しそうに読む」が、私の中ではベストな始め方だと思っております。
      我が家は胎教から色々なインプットを始めて、生まれてからも興味をもちそうなものはどんどん掲示いたしましたが、「幼いころから周りにあるものは無条件に好き」という感じでむしろ愛着をもっており、年齢に応じて興味を深めているように思います。

      おっしゃるとおり、何事も早く与えすぎると飽きてしまう、いざその年齢になったときに取り組まないのでは?という懸念はございますよね。ただ、個人的には「まだできない(興味がない)時期に、無理に覚えさせたりアウトプットさせようとしたり、強制する」ということがなければ、嫌いにはならないように感じております。
      環境としてゆるく準備しておいて、本人が取捨選択できるようにしていると、我が家の場合はいつのまにやらハマっていた、というケースが多いです。母も一緒になって楽しそう、というのも娘にとっては楽しいポイントだったのかもしれません。
      今でも国旗は大好きで、何か興味をもつとその人物の出自や地図、歴史を調べて楽しんでおりますよ〜^^ 

  2. La vie en rosesays: 返信

    早速お返事いただきありがとうございます。roco様のご回答にありますように、環境としてゆるく準備しておくことには私も共感しますし、幼い頃から周りにあるものは無条件に好きというお嬢様の様子も素晴らしいなと思いました。善は急げで実行に移したいと思います。ありがとうございました。情報をいただいてばかりでは申し訳ないので私の拙い経験からお伝えできることとして鈴木メソードがあります。私は鈴木メソードでピアノを長年習っておりましたが、自分の娘にはさせないかなという結論に至っております。といいますのも耳から入るので自分で工夫して譜読みをマスターしない限り譜面を読むのが苦手になります。プロを目指さなくても、やはり教養として音楽を活かすためには、全く知らない曲を耳に頼ることなく初見でスラスラ弾けるレベルが私は必要と考えるので鈴木メソードはちょっと、と思ってしまいます。ただ、先生にもよるとは思いますが、音楽全般が大好きになり、豊かな感受性が育つのは鈴木メソードならではと思いますので、目的によってはおすすめできるかなと思います。別記事も拝読し特に鈴木メソードはされてないとは思いますが1つの情報としてお伝えさせていただきました。本当に勉強になる情報満載のこちらのブログ、これからも楽しみにしております。ご丁寧なご回答誠にありがとうございました。

    • rocosays: 返信

      La vie en roseさま、有難い情報までいただきまして、ありがとうございます。ご自身で体験なさったことというのは、何より貴重なお話です。実はスズキメソードも体験させていただいたことがあるのですが、まさにおっしゃるとおり、幼いほど「耳である程度弾けてしまう」ので、きちんとした譜読みが億劫になるように感じておりました。とはいえ素人の母ですので、鈴木先生のご著書を拝読すると惹かれるところも多々あり…と迷いがあったのですが、お話を伺いまたひとつ勉強できたように思います。目的に応じて、よい手段にもなりうるということでございますね。ありがとうございます。

      本当に、育児は何を目指すか、何を捨てるか決断の連続でございますね。家庭保育園では、幼い頃から目にするもの、母があつかうものを赤ちゃんは何より好きになる、とよく伺いました。そのため昔はリモコンと電卓、現代はスマホと財布が赤ちゃんの憧れであると。笑 せっかくなら、スマホより国旗や地図や本を楽しませてやりたいな、なんて感じる私です。La vie en roseさまのお子様も、お母様のピアノをはじめとして、きっと色々なものがお好きになられることでしょうね^^
      まだ産後2ヶ月とのこと、お体も回復途上でいらっしゃると思いますので、どうぞご自愛くださいませね。嬉しいコメントをありがとうございました。

      • La vie en rosesays: 返信

        ご丁寧にお返事いただきましてありがとうございました。お財布がすき、とは、現代の母親はショッピングが好きとかお金をよく使うということでしょうか?子供から見られていると思うと襟を正す思いですね。
        ところでroco様はお子様への働きかけのない時間は一日のうちどれくらいありますか?赤ちゃんと二ヶ月生活してみて、生身の人間からの働きかけができるにこしたことはないですが、やはり赤ちゃんが寝ている間に家事を全てすることはできず(私がやや疲れやすいこともあり一緒に寝る必要があることもあります)、roco様は私の指針、目標なので、生後二ヶ月くらいの時一日のうちどれくらいをroco様ご自身での働きかけのない時間なのか知りたく存じます。またそういったお子様1人の時間にお子様にどのような刺激を与えているのかもよろしければ教えていただきた
        いです。

        • rocosays: 返信

          La vie en roseさま
          毎日の育児、お疲れさまでございます。
          電卓よりお財布が好きなのは、もしかして現代の母は電卓をはじいて家計簿をつけなくなったから?などと思っておりました。たしかに、ショッピングが気軽になったことでお財布を目にする機会が増えているのかもしれませんね。どきどきいたしますね。笑

          さて、働きかけの時間についてのお尋ねですが、いま何か早期教育をなさっているのでしょうか?? 疲れやすいとのこと、出産という一大事を終えたあとですし、この変なお天気でしたので当然だと思います。何よりお母様の休息が必要ですよね。どうかお大事になさってくださいね。

          そこをふまえた上でですが、私の場合は家庭保育園という早期教育をしており、教材(カードなど)での働きかけは、30分にも満たなかったと思います。ただ、家庭保育園では教材そのものというより、赤ちゃんとどう向き合うかということを知育・徳育・体育・食育を網羅して教わっていたので、ある意味起きている時間すべてが働きかけでした。話し方も、その内容も、遊び方も、食事やしつけ、生活習慣も、すべてが早期教育につながっていたというか…たとえばお料理しながらも常にその説明をしておりましたし、洗濯物たたみながら論語を素読したり、CDにある英語を歌ったり、負担のない範囲で楽しんでおりました^^ 

          私以外の働きかけというと、テレビやスマホアプリなどが思い浮かぶのですが、それらは一切ふれさせておりませんでした。家庭保育園で当時販売のあった木の組木などを寝ているそばにおいておき、1人で遊んでいる(ぶつけて音を出してみたり)ことはございました。2ヶ月のときはまだほとんど寝ておりましたので、起きている時間はずっと一緒にいたような記憶がございますが、なにぶん4年近く前のことで記憶があやふやで申し訳ございません。少しでもお答えになっているといいのですが…><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP