虫歯を予防して、歯を丈夫にする食事とは

赤ちゃんの虫歯は万病のもと。集中力も下がり運動能力にも影響するそうです。その大切な歯は、実は妊娠・授乳中のママの食事で作られるんですね。歯磨きについては「【赤ちゃんの歯磨き】始める時期、おすすめの歯ブラシ、嫌がらない磨き方まとめ」に書きましたが、この記事では歯磨き以前に気をつけたい、妊娠・授乳中の食事と子どものおやつについてまとめました。

赤ちゃんの歯は妊娠・授乳中の食事でつくられる

歯に必要な栄養素はカルシウム、タンパク質、ビタミンとミネラル

赤ちゃんの歯は、妊娠中や授乳中にママが食べた栄養をもとにつくられるそうです。妊娠初期からすでに赤ちゃんの歯は作られ始めているんですね。産院で教わったことですが、赤ちゃんの丈夫な歯が生えるために必要なのは、まずカルシウムと良質なタンパク質。そしてビタミンとミネラル、具体的にはビタミンA、C、D、そしてマグネシウムだそう。歯だけでなく体全体、特に骨の発達に必要な栄養素と同じですね。

乳歯.食事

カルシウムを多く含む食品は、小魚や桜エビ、切り干し大根や高野豆腐などの乾物、大豆、ひじき、ごまなど。カルシウムといえば乳製品、というイメージがありますが、そもそも牛乳は妊婦に限らず避けたいものですし、実はカルシウム効率も悪い食品ですので個人的にはおすすめではありません。

乳歯,食事

タンパク質を多く含む食品は、魚や肉、卵、大豆など。ビタミンAは緑黄色野菜や卵に、ビタミンCは果物や野菜に、ビタミンDはきのこや魚介に多く含まれます。また、マグネシウムは魚介類、海藻類、アーモンド、玄米などが摂りやすい食品です。

歯についても、やっぱり和食が最強だなぁとつくづく思います。ごはん、お味噌汁、焼き魚、野菜の炊いたん、だしまき卵、乾物の小鉢などを食べていれば、特に意識しなくとも必要な栄養素がとれるはず。もちろんお味噌汁のおだしは、いりこや昆布、かつおなどできちんととる必要がありますが、それだけでまかなえるなんて心強いですよね。

妊婦の食事は和食。動物性ビタミンAとヨウ素は摂りすぎない

赤ちゃんの歯のためにも、妊娠中の食事は上記のとおり和食を中心にしっかり食べたいもの。糖分、油分は控えめにして、添加物は避けます。ビタミンAは必要ですが、動物性ビタミンAを妊娠初期に過剰摂取するのはよくないとされているので(詳細は「【2015年 最新版】妊婦が注意したい食材リスト!注意度と理由まとめ」にあります)緑黄色野菜を多めに摂っておりました。またマグネシウムのために昆布を食べ過ぎるのもヨウ素過剰になりやすいので、適度に大豆製品やアーモンドを摂るほうがいいかと思います。

虫歯予防

ちなみに私は家庭保育園の勉強会で総合的な食事法を教わり、ものすごく役に立ちました。独自で勉強していたマクロビオティック、アーユルヴェーダ、西洋栄養学、そして医師や歯科医の友人の話などの重要なポイントがすべて統合されており、納得感があったので続けられたのだと思います。おかげで娘は2歳の今のところ風邪ひとつひかない健康児、虫歯も無縁です。「妊娠中の食事」といっても1年弱もあり長い期間なので、毎日理想的な食生活を送るのはなかなか難しいですが、気をつけるだけの価値はあったように感じております。

授乳中はカルシウムを壊す「カフェイン」に気をつける

赤ちゃんの歯に限らず健康のためにも、授乳中も妊娠中と同じく和食をいただきたいものです。本物の調味料なら少し使うだけで満足できるごはんになりますし(おすすめの調味料は「妊婦とママにおすすめの調味料。数百円の差で、安心とおいしさが段違いなのです」です)おいしい母乳がでるそうです。そうすると赤ちゃんの情緒も安定し、育てやすさにもつながると教わりました。私は電子レンジや炊飯器の電磁波も避けて、ごはんは3食土鍋で炊いているのですが、そこまでやらなくても大丈夫かなと我ながら思います。笑

乳歯,食事

授乳中、特に気をつけたいのがカフェインの摂取量。妊娠中はコーヒーを飲まなくても産後は気がゆるむこともありますよね。もちろん「我慢するストレス」も大敵なので難しいですが、避けるにこしたことはないと感じます。カフェインはカルシウムだけでなく鉄分の吸収も阻害し、赤ちゃんの眠りも妨げるからです。

カルシウムと鉄分は赤ちゃんの発達に最も重要な栄養素、といっても過言ではないほど大事なもの。授乳中のママは普段の倍近くを必要とするほどですから、できるかぎり摂ってあげたいですよね。どうしてもコーヒーがお好きな方はたんぽぽコーヒーを、またお茶が飲みたい方はマクロビでも愛される三年番茶はいかがでしょうか。どちらもカフェインレスでおいしい飲み物ですので、気分転換になりますよ。

ちなみにカフェインはコーヒーだけでなく、緑茶、ウーロン茶、紅茶はもちろん、オロナミンCやコーラなどのジュースや栄養ドリンク、ココア、チョコレートにも含まれますのでご注意くださいませ。

乳歯を守りたい!子どものおやつは何を食べさせる?

子どものおやつとは「お菓子」のことではない

離乳食の記事がなかなか書けていないのですが(お待たせしている方々、本当に申し訳ありません!)そもそも離乳食や幼児食において「おやつ」とは「お菓子」のことではありません。これも家庭保育園で教わったことですが、乳幼児の消化機能は未熟なので1日3食では足りず、不足する栄養を補うのが「おやつ」なんだそうです。

乳歯,虫歯

赤ちゃんや子どもが食べるべき「おやつ」は、あくまで食事の延長。赤ちゃんせんべいやクッキーなど市販のお菓子はまったく必要ないそうです。「赤ちゃんも食べられる」と書かれていても成分表示にはカタカナばかりですし、そもそも保存のきく食品=添加物の賜物ですよね。不自然な食べ物をわざわざ与える必要もないように思います。

乳幼児の歯と情緒を守るおやつは「おにぎり」

娘のおやつは、小さいおにぎり、手作りパン(天然酵母と国産小麦で焼きます。バターは抜き、砂糖は良質なものを最低限いれております)、果物や芋、かぼちゃ(体を冷やすし糖分も多いので摂りすぎに注意)、煮干し、野菜スティック(棒状にきゅうり、大根、にんじんを切っただけ)などです。主におにぎりをモリモリ食べておりまして、楽ちんです。

どれも食材と調味料に気をつけて丁寧に作ってはいるつもりなのですが、食事の材料と同じですので特別に何かを買い足す必要もありませんし、手間も大してかかりません。

乳歯,虫歯

砂糖を摂らなければ虫歯の心配はガクンと減りますし、何より情緒が安定します。砂糖、特に市販のパンやお菓子に含まれる白砂糖の有害さは、いまや至るところで調査があがっておりますよね。小魚や野菜スティックを食べていれば歯の栄養にもなりますし、歯並びも整って、いいことづくめです。

子どもにお菓子をあげないとかわいそう?

妊婦さんの友人から「私もお菓子をあげずに育てたいんだけど、かわいそうだって言われない?」とよくお尋ねがあります。たしかに、そうお感じの方も大勢いらっしゃると思います。もしかしたら私も「あの人、厳しすぎるわよね〜」と言われているのかもしれません…笑

けれど、逆に「なんでもかんでもお菓子で機嫌をとられて、うちの孫はかわいそうなのよ!」というお話も耳にしますし「あのママといると、おすそわけのお菓子をいただきすぎて断り方に困るよね」というママ友の会話もやっぱりあります。

結局、どんな育児をしても色んな方の色んな意見があるのですよね。そして他の方の批判を聞き入れたところで、その結果に対する責任を負うのは当然自分です。月並みですが、我が子のことを本気で考えているのはやっぱり親ですので、ご自身が納得できるまで調べて決めれば、もうそれを貫いていいのではないかしら、と私自身は思っております。

ちなみに娘は2歳になる今まで一度も市販のお菓子を食べたことがありませんが、いたって幸せそうです。お菓子をほしがることもありません。公園でお年寄りから「ママに内緒よ?」とお菓子をいただくこともあるのですが(私は遠くから見ております。笑)お礼だけお伝えして、封はあけずに報告にきます。そして帰宅後、主人に「どうぞ」と渡すのが楽しいようです。娘のためにというお気持ちにお応えできないのは心苦しいのですが、そのような様子ですので子ども自身は可哀想ではないように思います。

ただ我が家の場合は、一生ケーキもクッキーもなしとまで極端なことをいうつもりはありません。おいしいお菓子って芸術品のようで心の栄養ですし、体の土台がある程度できて、我慢する分別や本物を味わえる舌が育てば、たまには「本当においしいスイーツ」を一緒に楽しみたいな、と思っております。

 

乳歯,おやつ  

まとめると、一番大切なのは子どもの心身の健康であって、3歳くらいまでは親がコントロールすべき領域もあるんじゃないか、というのが私の考えです。ちなみに、娘は「ガマン」しているわけではないものの、一人だけそうさせるのもなぁと思って、私もお菓子は頂きもの以外食べなくなりました。私の健康にもよさそうです…!笑

まとめ

ー赤ちゃんの歯を丈夫にするには妊娠、授乳中の食事が重要
ーカルシウム、タンパク質、ビタミン、ミネラルを満遍なく摂る
ー子どもには「お菓子」ではなく食事の延長の「おやつ」を出す

これだけ鼻息荒くまとめましたが、実はお恥ずかしいことに私は何度も虫歯治療を経験しております。笑ったときに白い治療痕がうっすらみえて本当にみっともなく、神経をとっている歯は年々茶色くなっており情けない限りです…。

娘にはこんな思いをさせたくないので、いつもお世話になっている家庭保育園、そして友人の小児歯科医や育児本、また歯ブラシ会社主催の乳歯セミナーなどで学んだのですが、結局のところは「毎日いい食事をして、ちゃんと歯を磨いて、子どもに運動させる」ことに尽きる、地道な積み重ねでしかないのだなぁと思いました。
ちょっぴり手間ですが、大事な子どもの大事な歯。頑張って守ってあげたいですね!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone