乳幼児にとって夏は大変。早めの対策で育児が楽になる

春夏生まれの赤ちゃんは風邪をひきにくくて楽、薄着でいいので楽、と言いますが、実は赤ちゃんにとって夏はストレス過多な季節です。たしかに真冬よりは育児が楽なんですが、特に0才さんにとっては突然の暑さに対応するのは大変なこと。早めに対応してあげればぐずらないので、ママも楽ですよ。この記事では、夏の暑さや日焼け対策、水分補給の方法について私の経験をもとにまとめました。

赤ちゃんを猛暑から守る!やりすぎない「暑さ対策」とは

適度に汗をかかせることで、健康な赤ちゃんになる

大前提として、赤ちゃんも含めて人間は汗をかく必要があります。家庭保育園の去年のすくすく通信で詳しく紹介されていましたが、汗をかくことでこそ汗腺が開くんだそう。あまりにも快適な涼しやすい空間ばかりだと、汗腺が開かず肌も体も弱い子になってしまうんですね。なので、まずはクーラーの前に「天然に涼しくすごせる」工夫が大事なんだそうです。
赤ちゃん,暑さ対策

薄着+すだれ+扇風機で様子見、クーラーは適度に使う

まずは薄着。赤ちゃんの洋服は大人マイナス1枚が適切と言われますが、娘が0才のときはロンパース1枚で過ごしていました。sweet girlのロンパースはすっごく安いのですが、国産だし1枚でも可愛いし、お腹がかくれるのでおすすめ。おむつなし育児にも便利ですよ。新生児期はオーガニックコットンの肌着にこだわっていましたが、次第にロンパースのほうが便利でこればかり着てました。

*スウィートガール*お着替え簡単!小花柄前開き半袖ロンパース

お着替え簡単!小花柄前開き半袖ロンパース
価格:972円(税込、送料別)

それから、昔ながらの知恵ですが、すだれも効果的です。マンションの場合は「暗くならない」遮光カーテンだと、紫外線、熱対策にもなりますよ。冬場は保温効果もあります。堂々という話でもないのですが、私はカーテンのお洗濯が上手ではないので(数回洗濯すると生地が傷むんですよね…)安価なものを買い足していました。本当にカーテンひとつで部屋の温度が驚くほど変わりますよ。

そして扇風機を壁側にあてて、空気の対流を起こします。昔ながらの扇風機に扇風機カバーをつけてもいいですが、我が家はダイソンを愛用しています。指をはさまない、インテリアを邪魔しない、風のでる面積が大きいので涼しい、という視点で選んだのですが、今では「なぜ他の扇風機と違う形で風が出るのか」など一緒に考えるきっかけになり、科学に興味をもつ糸口になっています。

これでかなりしのげますが、どうしようもない暑さのときは28℃くらいでクーラーをつけます。が、直風を子ども、特に赤ちゃんには当てないように気をつけます。冷えすぎるので体調をくずすんですよね。ちなみに産後のママもクーラーに弱いので、お気をつけください。

夏はおむつなし育児がはじめやすい!おむつを脱ぐと涼しい

別記事で、夏に起こりやすいおむつかぶれのトラブルについても書く予定でおりますが、こちらでも結論だけお伝えしてしまうと、夏はおむつなし育児の絶好のチャンスなんです。暑さ対策の意味でも、ぜひお試しくださいませ。

おむつなし育児

おむつなし育児をすれば、当然おむつかぶれがありません。そしておむつを脱ぐと、本当に涼しくて快適なんですよね。私たちだって夏場に紙パンツをはかされていたら、べとべとでとっても不快…想像したくもないですよね。赤ちゃんはその不快な感触を一日中味わっているのですから、そりゃ夏場にぐずるのも頷けます。

おむつなし育児については「0才でおむつがはずれた!簡単なおむつなし育児の方法と体験談」などに詳しくまとめていますが、思っているより楽チンですよ。何より赤ちゃんが本当におむつがいらないんだ!と分かると感動します。娘は0才でおむつがとれたので、トイトレもしなくてすんで助かりました。

夏の子連れお出かけは、暑さと日焼け対策をしっかりと!

ベビーカーは汗地獄。赤ちゃんの背中に保冷剤シートを使おう

快適な涼しさばかりでは虚弱になると上記に書きましたが、移動のときは別です。太陽を浴びることは健康に成長する上で大切ですが、同時に赤ちゃんの体力をものすごく奪うものです。室内で1時間遊ぶより、公園で10分遊んだ日のほうがぐっすり眠るのはこのためですね。ですので、ただでさえ疲れる太陽光線に加え、この暑さ。乳幼児には対策が必要です。

結論から言ってしまうと、ベビーカーや抱っこ紐に保冷剤シートをつけましょう。たまに保冷剤をタオルで巻いている方をお見かけしますが、やっぱり市販されているもののほうが保冷効果が高く長持ちしますし、低温やけどを起こすようなこともありません。安価なものですので、専用のシートを使われることをおすすめします。

365日あす楽★代引・送料無料★カンガルー 保温シート 保冷シート ベビーカー・チャイルドシー...

カンガルー 保温シート 保冷シート
価格:2,880円(税込、送料込)

私はこのカンガルーさんの保冷シートを使っています。シンプルな作りなので洗濯が楽なこと、安価で買い替えがしやすいことが理由です。可愛い柄のものでもいいのですが、色移りや、ベビーカー&お洋服との色合わせを考えると意外と不便なんですね。このカンガルーが可愛いかといわれると若干微妙なんですが(笑)、単一色なのがいいと思います。冬場の保温にも使えますよ。抱っこ紐にも工夫すればつけられます。

夏のお出かけには帽子が必須!新生児の頃からかぶりましょう

第一子の場合、新生児のお出かけはほぼないとは思いますが、2週間検診や1ヶ月検診のときから必ず「帽子をかぶる癖」をつけておくことをおすすめします。でないと、かぶるのを嫌がる子になりがちだからです。冬の寒さ対策ももちろんですが、夏は帽子が必須。日焼け対策にもなりますし、本当に暑さが段違いなので必ずかぶらせましょう。

ベビー ニシキ 帽子 日よけ 花柄 sweet girl土日もあす楽! 2590 小花柄 帽子 後ろ日よけ付き ...

日よけつき 赤ちゃん帽子 Sweet girl
価格:1,620円(税込、送料別)

赤ちゃんの帽子は可愛いものがたくさんありますが、通気性のいい薄い素材、頻繁に洗濯できるものを選ぶようにしたいですね。私はちょっとしたお出かけのときはファミリア、普段のお出かけではSweet girlやbaby gapなど安価なものを、たくさん使い回していました。頭はよく汗をかくので、必ずお洗濯してあげてくださいね。

赤ちゃんの日焼け止めは、必ずオーガニックのものを

そもそも乳幼児に日焼け止めがいるのか、という話は議論が分かれるところです。皮膚科の権威といわれる愛育病院でも伺いましたが、先生によって「必要ない」「塗ったほうがいい」とお話がまちまちでした。

赤ちゃんの日焼け止めが必要派の論調としては、紫外線の有害さが理由です。たしかに紫外線は肌を著しく弱らせますし、赤ちゃんが日焼けで皮がむけているのは痛ましい姿でもありますよね。不要派は自然療法系の方に多いのですが、日焼け止めはどんなにオーガニックであっても薬物であり、肌の天然の保護作用を奪うとおっしゃいます。どちらも一理ありますよね。

赤ちゃん,日焼け止め

娘の日焼け対策について私自身も迷いましたが、結論としては「抱っこのときは帽子+羽織ものでガードできるので日焼け止めをつけない」、そして「ベビーカーのときはオーガニックの日焼け止めを塗る」と決めました。抱っこでも、海や山や遊園地に行くときは当然塗りました。

オーガニックの日焼け止め、乳幼児向けの日焼け止めというのも、これまたたくさんあるので選びにくいのですが、私のおすすめはパックスベビーです。乳幼児の日焼け止めは白く残るくらいたっぷり塗らなければいけないのですが、パックスベビーはオーガニック製品のなかではコスパがダントツにいいので、ガンガン使えますよ!笑

パックスベビーの日焼け止めは余計なものが一切入っておらず、本当によくこの価格で出すなぁと思うほど、いい成分です。ただし伸びにくいので、たっぷり手に出して伸ばしてから塗ってあげてくださいね。伸ばすというより塗りつける感覚で、そもそも大量に使うものだと考えたほうがいいかもしれません。ローションを数滴混ぜると伸びますが、塗りつけるほうが効果は高いのでそのままでもいいかと思います。

赤ちゃんの脱水症状を防ぐ!水分補給の考え方

夏のベストな飲み物は母乳。卒乳後はこまめに水分補給を

最後に、乳幼児の暑さ対策で必要なのが水分補給です。私は家庭保育園のカウンセリングでもご相談しましたが、水分補給のベストは母乳とのことでした。(もちろんカホママさんは食事に気をつけている、という前提だとは思いますが)それなら必要なときに、必要な栄養素を確実にとれるからです。好きなだけたっぷり母乳を飲んでいれば、ミネラルもきちんととれるし脱水を起こすことはないと病院でも言われました。

赤ちゃん,水分補給

ただ、卒乳した1歳児、2歳児以上の子についてはこまめに水分をあげる必要があります。特に屋外で遊んでいる場合、夢中になって飲むのを忘れやすいので30分に一度は一口飲んでもらいましょう。娘には常温のお水か麦茶、三年番茶を飲ませています。

赤ちゃんのストローマグの選び方。倒れてもこぼれにくいと便利!

赤ちゃんのお出かけに便利なストローマグは色々ありますが、私はNubyを使っています。他にもたくさん試しましたが、Nubyは口の中のものが水筒内に逆流しないこと、倒してもこぼれにくく、容器やストローのビニル臭がしないことが決め手で、今ではこれだけ使っています。

ヌービーNubyハンドル持ち手ストローマグフリップンシップ・マグツインハンドルB240ml楽天最安...

Nubyハンドル持ち手ストローマグ
価格:750円(税込、送料別)

ちなみに私は卒乳するまで、娘に母乳以外の水分をあげたことがありませんでした。今でもお水、麦茶、薄めた三年番茶以外のもの、もちろん清涼飲料水やジュースの類は一切あげておりませんが、脱水や熱中症とは無縁です。ミネラルは母乳か食事で必ず補っておりましたので、余分な砂糖や甘みのついたジュースは不要かなと考えております。

まとめ

1、赤ちゃんを夏から守りつつ、暑さを経験させることも大事
2、日焼け止めは塗るならオーガニックのもの、それも必要最低限に
3、お出かけのときは保冷剤シートと水分補給を忘れずに

本当は、あせも、虫さされ、おむつかぶれについても同時に書くつもりだったのですが、思いがけず長くなりましたのでこのあたりで切り上げました。
夏は嬉しいイベントがたくさん!きちんと暑さ対策をしてあげて、楽しくすごしたいものですね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone