雛祭りの定番献立とレシピ。由来も知るとなお楽しい!

女の子の幸せと成長を願ってお祝いする桃の節句、雛祭り。3月3日には何をつくろう?とお考えのママさんにおすすめしたい、献立レシピをクックパッドさんからお借りしてご紹介。食べられる年齢のお子さまはもちろん、離乳食前や初期の赤ちゃんには目で楽しめるように可愛いものを作るのもいいですよね。日本のママなら知っておきたい、雛祭り献立の由来もまとめてみました。

桃の節句「雛祭り」の献立と由来

春が旬の食べ物をたくさんいれる、ちらし寿司

春においしくなる魚や、彩りのきれいな木の芽や錦糸卵を飾ります。おせち料理と同じく、旬のものをいただくことで健康を願うお料理です。

幸せな結婚を願う、はまぐりの潮汁(お吸い物)

はまぐりは一対の貝がらだけがぴったりと合い、二つと同じものがないことから「ぴったりの相手に出会えますように。仲良く連れ添える夫婦になれますように」という願いをこめる縁起物。貝類は離乳食にはまだ早いですが(熱を通しても食中毒の危険もあるため)とってもおいしいですよね。我が家はみせてあげて、夫婦でいただいております。笑

三色の菱餅は、春の自然の姿を象ったもの

植物が芽吹く「緑」の大地、まだ残る雪の「白」、そして桃の花の「赤」をあらわす三色のお餅。雛飾りにもありますよね。我が家はよもぎの葉と桜の塩漬けなんかで用意しております。

菜の花、春の山菜を食卓にのせて豊かな自然に感謝する

春の山菜もおいしいですが、やっぱり雛祭りといえば菜の花の季節ですよね。少しえぐみがあるので離乳食には厳しいかもしれませんが、うちの娘は案外好きです。おだしと、ほんの少しのお醤油で食べさせております。

可愛い雛あられやよもぎ餅も「春の訪れ」を祝うもの

四季を表す四色にそめられているという説や、雛人形をもってお外で遊ぶときに菱餅を砕いてもっていったという説など、様々あるようです。私の出身地域では、前者で教わりましたね〜。四色プラス、チョコレートのあられが入っておりましたが。笑
よもぎ餅は、春にとれるよもぎの葉が健康にもよいことから、邪気をはらうと考えられていたようです。おいしくてためになる、いいおやつですね。

子どもに日本行事を楽しく教えられる、おすすめ絵本

上記の由来は親から教わったものですが、記憶だけだとあやしいと思いまして、こちらの歳時記絵本も参考にさせていただきました。とても可愛いうさちゃんとくまちゃんの色鉛筆イラストで、すごく詳しく説明があります。毎月どんな行事があるのか、その由来や楽しみ方まで無理なく学べます。親の勉強にもなるので、とってもおすすめですよ。見ているだけで、日本っていいなぁと思えます。

雛祭りにおすすめの素敵なレシピたち

私のものでなくて恐縮ですが、日頃お世話になっている素敵なレシピを以下でご紹介しております。お写真もお借りしたものです。リンク先はクックパッドですので、そちらでレシピを見てみてくださいね。

可愛くておいしいちらし寿司のおすすめレシピ

sushi
Cpicon うちのちらし寿司(ばらちらし) by ケチャウルレシピ
盛りつけもとっても素敵で、テーブルコーディネートも参考になるレシピ作者さん。お寿司のもと、みたいなのは味がよくないですし、体にもあまりいいものではないですよね。こちらのレシピならちゃんとしたお味が楽しめます。幼児さんなら食べられますが、まだ小さいお子さまは酢飯ではなくごはん、具は卵と人参と三つ葉あたりが無難かと思います。

 

sushi2

Cpicon ちらし寿司ケーキ by にゃんたま@sea
ケーキ寿司かつお花のアレンジと、女の子が歓声をあげそうなレシピ。我が家では雛祭り以外でも度々参考にさせていただいております!こんなレシピを思いつくママのお子さまは幸せですよね〜。

 

sushi3

Cpicon ひな祭り *ちらし寿司でお雛様ケーキ* by み_な

娘が0才のときは見た目だけ楽しんでほしかったので、こちらのレシピにお世話になりました。ものすっごく喜びました!うずら卵でつくったお雛様がとっても可愛いです。お着物まで着せて、楽しかったですよ。細かな作業が必要ですので、デコ系に初挑戦のママさんは事前練習が必要かもしれません。

雛祭りの定番!蛤の潮汁(お吸い物)と菜の花おひたし

kai

Cpicon 蛤のお吸い物✿ by YUKI0611
可愛い手まり麩をお使いのお吸い物。三つ葉もきゅっと結んであって、縁起物づくしですね。我が家はいつも昆布なしで、はまぐりのおだしだけでいただくのですが、今年は昆布もいれてみようかしら…。

 

nanohana

Cpicon あれ?おいしい!菜の花のおひたし by らぶてるお
定番の菜の花のおひたしを、丁寧に解説してくださっているレシピ。我が家は娘にも食べさせるので、みりんや砂糖は使いません(お醤油もほんの少し)が、このままのレシピがおいしそうですよね!

雛祭りのデザートに作りたい!可愛いケーキのレシピ

cake

Cpicon ひな祭り☆ひな壇イチゴショートケーキ☆ by lemiel
お子さまに喜んでほしい一心で考案なさったのでしょうね。とても豪華な雛壇ケーキ!素敵すぎますよね。今年はこちらを作ります。私は健康オタクですので、普段は洋菓子を食べないのですが…洗双糖と豆乳にて作らせていただきます!娘は見るだけです。笑

 

cake2

Cpicon 離乳食☆ひな祭りケーキ☆ by ☆misa53☆
イチゴとほうれん草で工夫して、菱餅型のケーキを作られたそうです!我が家は小麦やベーキングパウダーはまだ食べさせてあげられないのですが、食べられる年齢の方にはとってもいいですよね。お子さまを楽しませてあげたいママの気持ちが伝わってくる、とっても素敵なレシピですね。

まとめ

雛祭りは、女の子の成長を祝う大切な行事。離乳食時期のお子さまは、見るだけで楽しくなるような飾りごはんがいいのかな、と思います。食べられる時期のお子さまは、一緒になって楽しめるはまぐりの潮汁なんかもデビューしたいですね。食べ終わった貝は、ぜひ貝合わせして遊んでみてくださいね。