気の合うママ友がいれば、子育てはラクになる

妊婦さんが気になることのひとつに「ママ友ってできるのかな?」という不安がありますよね。「つきあいが大変そう」と敬遠している方もいるかもしれません。この記事では、私が感じたママ友づきあいのメリットとデメリット、そしてよいママ友に出会える場所やつきあい方のコツをまとめました。本当に気の合う、励まし合えるママ友ができれば、子育てはずっとラクになると感じます!

そもそもママ友って必要?

もちろん、人付き合いがお好きでないママは無理をなさる必要はないと思います。ママ友はあくまで、いればいいいなという存在であって、必須のものではありませんよね。正直、面倒なタイプと知り合ってしまうと「もうママ友なんていらない」と感じたりもします。

ただ、私自身は「もともと友達で、ママになってからも友達」という友人と、「子どもを通じて知り合ったママ友」の両方に支えられているおかげで、子育てができているなと感じます。いくつになっても、新しい友人は刺激そのもの。考え方も知識も、自分にはないものを学べます。そして子どももそんなママのつきあいを通じて、人との関わりを学ぶと思うのです。ですので「できればママ友はいたほうがいい」と私は考えております。

ママ友のメリット!育児の強い味方

ちょっとしたことも、ママ友と話せばストレス発散になる

まず、子育ての話を共有できる人がいる、というのはとてもプラスだと感じます。夫に言うほどでもない悩み、話したところでどうなるわけでもない愚痴など、いってみればしょうもない話だって、ほうっておくとストレスになります。「分かる分かる!」と共感しながらおしゃべりするだけで、ずいぶんラクになるんですよね。

おでかけ先が広がる、ランチの楽しみも増える

専業主婦や育休中のママは特に、おでかけを夫の休みにあわせると混雑した土日になりがち。平日でかけたいけど一人では腰が重い…というときも、ママ友となら動物園や博物館、子どもむけテーマパークなどを楽しめます。子どもの生態を分かっている者同士なので、移動もスムース。ランチだって、それぞれ調べてくれるので毎回新しい発見がありますよ。

子ども同士で遊べて、成長にプラスの影響がある

子ども、特に赤ちゃんは赤ちゃん同士で学んで育つ生き物です。ぴくりとも動かなかった赤ちゃんが、他の子の寝返りをみてトライしたり、ハイハイが急に上手になったりするのは、よくある話。おしゃべりだって、子ども同士でよく遊ぶ子のほうが早かったりします。1才をすぎると一緒に上手に遊んだりもするので、ここから人づきあいの基本ができるのだと感じます。

小児科、保育園、幼稚園、習い事の情報はママ友から

特に小児科や皮膚科の情報は、ネットではなくご近所のママ友さんが一番信頼できる情報源。保育園や幼稚園だって、通っているところの悪口はなかなかネットに書かないですよね。最新の情報が得られるのは、いつだって「人」からなのだと思います。習い事でも受験でも、リアルな口コミが有難いものです。

ママ友づきあい、ここが大変!面倒!ストレス!

ママ友とのおでかけは時間調整が大変。我が子中心にはできない

当然ですが、個々人の習い事なんかで予定調整が面倒。かつ複数人だと体調不良でのリスケも起こりやすい。昼寝や食事の時間も違うので、我が子にとってのベストスケジュールでは臨めません。月齢が低いうちは、ママ友づきあいをさかんにしすぎると生活リズムが崩れて子どもに悪影響かもしれません。

ぐずる、泣く、癇癪を起こすと全員がつらい気持ちになる

そのママさん自身がつらいでしょうから口に出しては誰も言いませんが、すぐぐずる、泣く、キーキー声で叫ぶ、電車の中でも走り回るタイプのお子さんとお出かけすると、どうしても疲れます。食事も落ち着いてできませんし、一緒になって店員さんやまわりの方に謝るはめに。なんだか全員がつらい気持ちになる、という経験は何度もしました。

他の子の成長と比べて落ち込んだり、うぬぼれたりしやすい

子どもには個人差がある、と分かっていても第一子だと特に比べてしまいがち。同じ月齢なのに、我が子はこれができないと悩んだり、うちの子が一番賢いわなんてうぬぼれたり。どちらも比べられる子どもにとっては大迷惑ですよね。特にうぬぼれは子どもにも伝わって、尊大な自己愛につながるそう。私も常々、気をつけたなきゃと思っております。

育児の考え方や夫婦のあり方が異なると、悪口大会になる

学校や会社の友人と違って、暮らしぶりも考え方も共通点がない(かもしれない)人と、子どもだけを接点にしてつながるわけですから、当然合わないことも多いです。そしてグループ内で少数派の方がでれば、その人がいないときに悪口大会…なんてことも残念ながら起こります。小学生みたいで嫌になりますけど、女子の性でしょうか。育児法や家庭のあれこれは、相当仲良くなってから話す方がいいと学びました。

ママによっては、無料相談所、質問掲示板と勘違いされる

お互い子育てで忙しい、ということを忘れがちなママさんとつきあってしまうと、こちらが集めた情報をひたすら質問攻めにしてきたり、延々続く愚痴を聞かされたり、というゲンナリ状況も起こりえます。私のブログを読んでくださるような教育熱心な方だと、ママ友さんから質問攻めにされてお疲れになるかもしれません。時間は有限、一番大事なのは我が子ですから、そこまでつきあう必要は無いと割り切ることも大事かな、と思います。

長続きするママ友づきあいの秘訣

暮らしぶりが同程度のママが、結局のところラク

なんだか身もフタもない言い方になってしまうのですが、まわりをみても結局のところ「子育て、交際に使うお金の感覚」が同じママ友が一番ラクで続くようです。もともとの友達なら、夫の年収なんてどうでもいい情報でしかないですが、ママ友となると話は別。世帯年収によって、保育園や幼稚園はもちろん習い事も変わってきますし、買うお洋服だって違うので、最初から同程度のママづきあいがラクだと感じます。

ランチひとつとっても、気軽なファミレスに行きたいママと、ゆっくり個室でコースを食べたいママがいます。すぐサイズアウトするからと量販店のお洋服を買いたいママもいれば、幼い頃こそ可愛くとブランド服を普段から着せるママもいます。「このお店/お洋服で大丈夫かな」といちいち気を揉むのもしんどいですよね。ママ同士って何を話しても結局、家計の話になりがちだったりもするので、おんなじくらいが一番だなと感じます。

幼児教育に熱心なママは、似たママとつきあうべし

私のような「家庭保育園の会員」で「0才からおむつなし育児」をするようなママなんて、もはや理解されないことの方が多いです。笑 もちろん熱心さなどアピールしていないつもりですが、赤ちゃんにおやつをあげない、スマホを渡したりテレビをみせたりしない、0才児をトイレにつれていく、なんて時点でバレバレなわけですね。

何も責める気はないのに「すごいね、真似できない」「熱心ね、うちは恥ずかしいわ」「あなたから見たらダメな母親でしょうけど」なんて、落ち込み(呆れ?)半分、イヤミ半分なことを言われたり。最初はネタにしたり卑下してみたりしてましたが、お互いストレスでしかないので、つきあわない方がいいのだと悟りました。逆に同じく熱心なママとは、おでかけ先も「ママのショッピングじゃなくて、子どもの知育にいいところ」で合致するので楽しいです!

ママ同士で、育児の「アドバイス」はしない方が無難

母乳かミルクか、寝かせ方に抱っこの仕方、離乳食を始める時期、幼児教育をやるか、育児にまつわる考え方は様々です。正解はないので、自分の考えを押し付けるのは厳禁ですね。それにママとしてのプライド、頑張っている、認められたいという気持ちはみんなもっているもの。たとえ相談されて答える形だとしても、アドバイスはしない方がいいと感じます。上司部下の関係と違って、どうしても「教える」と角が立ちます。

もちろん仲良くなれば、お互いの得意分野について質問することはあります。でも、こうした方がいいよ!という言い方は控えております。所詮は同程度の新米ママ同士。「こうしてるよ」「おすすめだよ」という、あくまで情報交換が無難かなと。とにかく普通の友人と違って「小さな親切が大きなお世話」の世界なのですね。

合わないママ友とフェードアウトするために、SNSは交換しない

幼稚園や小学校のママ友と違って、好きでつきあう相手ですから、我慢して頑張らなきゃということはありません。子どもが少ない地域の方なら、つきあいを断るのが難しいケースもあるかもしれませんが、ただでさえパワーのいる育児中に好きでもない人とつきあって疲れたくないですよね。私なら、つきあうストレスより一時の気まずさを選びます。

お食事のお誘いを2回続けて断ればフェードアウトできると思いますが、ここで重要なのがFacebookなどのSNSを交換せずにいること。よほど気の合う、お互いの家に誘えるレベルのママ友以外には教えない方が無難ですね!

気の合うママ友と出会える場所はどこ?

無料イベント、地域イベントのママ友とは続きにくいかも

もちろん、無料で行われる自治体のイベントで気の合うママ友ができることもあるのでしょうが、まわりをみていても「結局、話が合わなくて1回のお茶会で終わってしまった」というケースが多い気がします。色んな人が集まる場所よりも、似たタイプが集まる場所のほうが出会いやすいかな、と思います。

ただ、お住いの地域によってはそもそも熱心なママがお集まりのところもありますよね。そんな場合は公園で仲良くなった方などと、そのまま続くことも多いみたいです。おうちが近いと遊びやすいので、嬉しいですよね。

産院選びを熱心にした場合は、産院の母親学級で出会える

産院といっても、自然分娩か無痛分娩か、母子同室か、助産院かなど、色々なタイプがありますよね。同じ産院のママとは基準が似ているので、話もはずみやすいです。私も、母親学級でママ友ができました。月齢も近いので、一緒にベビーマッサージを習ったり盛り上がりやすかったです。

教育熱心なママには、幼児教材や習い事で出会おう

私には「家庭保育園」会員のママ友さんが15名ほど(追記:娘が2才の今は30名ほどに増えました。笑)いらっしゃいます。イベントや習い事で知り合って仲良くなり、もしや?と思ってお尋ねするとカホだった…というケースが多いです。会員の方は、例の「タイムス」のお友達募集にメールしてみるのもアリですよね。熱心な方が多くてとっても刺激になります。

また、習い事でも出会える確率が高いなと感じます。家庭保育園では3才までの習い事はすすめられていませんが、私はヴァイオリンと英語の体操教室にだけ(追記:2才現在までの習い事として、リトミック、ジンボリー以外の体操教室、スイミングなど経験が増えました)通わせており、こちらで出会ったママ友さんのことが大好きです。0才や1才から何かさせようとしている時点で、ある程度熱心なので、お互いつきあいやすいのだと感じます。

ただ、幼児教室はママ友づくりにむかないようですね。私も体験だけはいきましたが、結局「受験」を考えるとライバルになっちゃうからか、切羽詰まったピリピリ感があってしんどいなと感じました。先輩ママに聞いても、嫌な思いをされているケースが多いです。通わせるなら、子どもの時間とだけ割り切った方がよさそう。

近所の親子カフェでもママ友ができやすい

子どもと二人でランチをするなら、たまに親子カフェにいってみるのも楽しいです。キッズスペースで子ども同士が隣り合って遊んでいたりすると、自然と話もはずみます。同じカフェを選んでいる時点で、何らかの波長があうわけなので、盛り上がりやすいですね。

0才OKのコンサートや博物館のイベントなどでも出会える

本格的なコンサートや博物館などの知的イベントに0歳児を連れている者同士で目が合うと、家庭保育園のママさんの確率が高いです。笑 そうでなくとも、0才でもいい刺激をあげたい!と思っている者同士なので、気が合う確率が高いです。

ただ、赤ちゃん向けコンサートが増えてきたこともあり、マナーの悪い親御さんもちらほらお見かけします。いくら赤ちゃんOKといえど、泣いたら席をたつのが当然。またママさん同士のおしゃべりも演奏者に失礼ですよね。全席指定のオケ(チケットとるのが大変なんですが)なら残念な方は少ないなと感じますので、ご参考までに。

まとめ

気の合うママ友は、育児の強い味方。情報交換したり、励まし合える。
経済感覚、教育熱心な度合いが似ているママ友が一番ラク
合わない方と無理してつきあう必要はない。アドバイスはしない、SNSは交換しない、がおすすめ。

あくまで私なりの考えなのでご参考になるだろうか…と悩みましたが、よく妊婦さんに聞かれることなので書いてみました。色々書きましたが、0才の頃からつきあっているママ友さんたちは、私にとって本当に貴重な方々です。みなさまにも、素敵な出会いがありますように…!!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone