「おむつなし」は赤ちゃんにとって最高の環境!

できるだけ紙おむつに頼らずに、赤ちゃんをありのままの姿で育ててあげる「おむつなし育児」。赤ちゃんにとってストレスがないだけでなく、おむつかぶれや経皮毒の心配もなく、おむつ代もかからず、トイトレ不要でおむつがはずれやすいと、いいことづくめです。でも最初は、家が汚れそうだし大変そうだし、躊躇しますよね。そこで私が「おむつなし育児」で実感した、メリットとデメリットをまとめました。

そもそも「おむつなし育児」って何?という方や、実際の進め方や準備に興味がある方は、先にこちらの記事をお読みくださいね。
トイトレが怖い!なら紙おむつをやめよう。おむつなし育児が実はラク!
0才でおむつがはずれた!簡単なおむつなし育児の方法と体験談

おむつなし育児はメリットたくさん!

赤ちゃんが快適にすごせる

やってみると分かりますが、おむつをしない赤ちゃんは本当に快適そうです。月齢が進んだ赤ちゃんの場合、まずは排泄感覚を取り戻すために、おむつ以外の場所(汚れていいマット、お風呂、トイレやおまるなど)での排泄を自由にしてもらう期間を設けますが、たとえ粗相しても本人はとっても快適そう。おむつにうんちをしたら泣くのに、すごい差です。

当たり前ですが、私たちだって紙ナプキンをつけている日は快適じゃないですよね。どれだけ吸収率が高くても、あのごわごわした感じをデリケートなところにつけている不快感は、いいしれないものがあります。エステで紙パンツをはかされるのも、かなり嫌ですよね。赤ちゃんは、その不快感を生まれてからずっと味わっているわけです。しかも汚れてもすぐには気づいてもらえない!

まず、我が子がとっても気持ち良さそうにすごしてくれること。これがおむつなし育児の醍醐味だと思います。

おむつ交換のストレスがなくなる

寝返りやハイハイ、つかまり立ちをマスターした赤ちゃんにとって、おむつ替えの数分間は我慢できない退屈な時間です。足をバタバタして、うんちが足につく。その足で立とうとする。寝返りをうつからおむつがつけられない。もういい加減にして!と言いたくなること、ありますよね。

娘の場合、家庭保育園で教わったとおりのおむつ替えをしていたので、ママ友からは「そんなにラクにおむつ替えさせてくれるなんて!」と言われましたが、それでもねんねのときよりは手間がかかります。ママ友さんの中には足でおさえつけて替えている方もいましたが、私には合わない方法だったので、おむつ替えは結構なストレス時間でした。

おむつなしにすれば、当然ながらそのストレスから解放されます。じっとしなさい!と怒鳴ったり、おむつ片手に追いかけ回したりしなくていいんです。そして不思議と「お出かけするからおむつさせてね」というと物珍しいのか、すんなりさせてくれるようになるんです。笑

おむつかぶれ、経皮毒の心配がない

赤ちゃんが数人集まっておむつ替え台にいると、驚くのがおむつかぶれの多さ。肛門まわりが赤くなっていたり、ひどい子はただれていたりします。おさるさんのように真っ赤になっている子もいて、聞けばステロイド剤を塗っているそう。もちろんお医者様が赤ちゃん用に処方したもので安全なのでしょうが、大事なところから薬剤が入り込むのって、できれば避けたいですよね。

そもそもおむつかぶれというのは、紙おむつやおしりふきシートの成分(紙おむつ、と名乗るために紙を配合しているだけで、実際は石油由来のものなので)が肌にあわなかったり、おしっこやうんちがつくせいで起こります。敏感な子は、たとえ1分以内にうんちのおむつを替えてもかぶれます。

ちなみに、布おむつでもかぶれる子はいます。布おむつの場合、おしっこに気づかず放置してしまうと、むしろ紙よりも蒸れてかぶれやすい気がします。ただ、布の場合は経皮毒の心配や、赤ちゃんにとっての肌触りストレスは軽減されますね。

おむつなしにすれば、当然かぶれません。おしっこもうんちも拭くだけ。うんちはシャワーで洗うこともありますが、おむつでしなければ、うんちがお尻につくこともないので楽です。こんなにシンプルで、当然ながら経皮毒の心配もありません。

おしっこ、うんちの回数がへり、まとめてしてくれる

紙おむつだと、一気に排泄すると吸収まで時間がかかって気持ち悪いのか、赤ちゃんはちょこちょこ排泄します。だから「いつの間におむつがぬれたの?」ということになるんですね。でもおむつなしの状態だと、まとめてしてくれます。

月齢や季節によっても違いますが、我が家の場合、はじめてすぐにおしっこは2〜3時間おき、うんちは朝に1回と習慣化されたので、とってもラクでした。

便秘が治る

これも上記と同じ理由で、うんちを一気にたくさんできるようになります。また、おまるでするほうが、寝てするよりラクなんですね。我慢したり気ばったりしなくていいので、便秘がちの赤ちゃんもスムースに排泄できるようになります。

娘も時々便秘がちだったので、場合によってはオイルマッサージをしたりしていましたが、今では毎日快便です。おむつでうんちをする場合は、本当にちょこっとだけ出して止めてしまっていました。やっぱり、べちゃっとお尻にひっつくのが気持ち悪いんでしょうね。

おむつ、おしりふきシート代がかからない

おむつなしといっても、一日中そうしなくてもよく、汚されたくないとき、おでかけや就寝時にはおむつをしてもOKです。でも1日少なくとも10枚必要だったおむつが3枚程度に減るだけでも、おむつ代はかわってきますよね。おしりふきも同様です。

我が家の場合、1才前におむつがとれました。冬場の就寝時はおむつにしていますが、昼寝もトレパンで大丈夫ですし、夏なら夜でもおしっこせずにすごせます。もし3才までおむつを毎月4500円(1日10枚)買ったとしたら、54000円×3年、プラスおしりふき代です。そこまで大金ではないですが、浮くとうれしいですよね!あわせて、ゴミが劇的に減るのも有難いです。うんちのおむつがなければ、においも気になりません。

トイトレ不要で、おむつが早くはずれやすい

おむつはずしを目的にするとしんどくなるので、あくまで母子のコミュニケーションとして楽しんでいただきたいのですが(詳しくはこちらの記事をご参照のこと)、まわりをみてもやっぱり早めにとれています。我が家も0才でおむつがとれたので本当にラクでした。

トイトレはプレッシャーと焦りの連続で、イライラすると聞きます。何より今までおむつでするようにしつけられた子どもに、急にトイレでやりなさい!なんて無茶をトレーニングすることが理不尽に思えます。おむつなし育児なら、自然に本人が排泄感覚を理解して伝えられるようになるので、ストレスがありません。

赤ちゃんの気持ちがわかり、通じ合える

排泄という基本的な、けれど尊厳に関わる大切な欲求を満たしてあげようとすると、なぜか赤ちゃんにはそれが伝わるようです。赤ちゃんがよりママに気持ちを伝えてきてくれるようになります。排泄のことだけでなく、おもちゃも遊びもごはんの食べ方も、上手にコミュニケーションがとれるようになるんです。

また、これが排泄のサインかな?と見極めようとすると、今までより赤ちゃんをよくみるようになります。よく見ると、赤ちゃんには赤ちゃんなりの思考が通っており、やりたい手順があって、色々と考えていることが分かってきます。そうすると、より愛しく思えます。赤ちゃんのペースで寄り添えるようになり、育児自体が楽しくなりました。

とはいえ、おむつなし育児にはデメリットも

排泄を気にするため、手間がかかる

手間こそ愛情、と思ってはいますが、まぁやっぱり手間は手間です。紙おむつなら数時間放っておいても困りませんし、おでかけ中にきれいなトイレがなくても平気です。もちろん赤ちゃんは不快で気の毒ですが、大人の都合としてはラクです。

おむつなし育児をしていても、ずっとつきっきりで見ていなくてはいけないわけではないのですが、慣れるまでは「いつ汚されるのか」とドキドキするかもしれません。最初から「手間はかかる、でもその分のメリットがある」くらいの気持ちでいた方がいいと思います。

床をきれいにしておく必要がある、汚れることもある

慣れるまでは、おむつなしにする時間や場所を決めた方がいいと思います。最初から自由にしてしまうと、濡れたら困るおもちゃや書類の上でもおかまいなしに排泄しちゃうので、やっぱりストレスになります。でも逆に、片付けが習慣になっていいな、とも思いました。笑

我が家の場合は、思ったより粗相が少なくて、タオルでふいたのも数えるほどなんですが、とはいえ何度かは床でおしっこしちゃってます。トイトレをするならどうせ通る道ではあるんですが、粗相はあるものだと思ってはじめたほうが気が楽ですね。

おまる/トイレいやいや期がくると、へこむ

おむつなし育児のガイドブック
でも紹介があるのですが、なぜか一度はおまるやトイレを急に嫌がる現象があります。うちも1才1ヶ月のとき、トイレを嫌がり、おまるに逆戻りしたことがありました。その後、おまるも嫌がり、一時期はお風呂で立ってしていたこともあります。そうやって対応できればいいのですが、うまくいっていた分やっぱりへこみます。

数日でおさまることもあれば、対処によっては長引くこともあるみたいで、こればっかりはなんともいえないのですが、成長の過程で乗り越える壁だと思って、頭のすみにおいておくといいかもしれません。

まとめ

おむつなし育児は、赤ちゃんにとってストレスのない最高に気持ちいい過ごし方。
親にとっては手間がかかるし、掃除も増えるけれど、実は赤ちゃんをよく見るようになるので育児がかえって楽になる。
トイトレのイライラを思えば、赤ちゃんの粗相なんてかわいいもの。とはいえ、デメリットも最初から知っておくとラク。

ぜひおむつなし育児の楽しさを、みなさんに知っていただきたいです。まずはお風呂の前に30分、おしっこした直後(粗相の心配が無い時間)に30分、と短時間でいいので、おむつのない時間帯をつくってみてあげてくださいね!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone