トイトレが必要なのは、紙おむつを使ったせい

トイレトレーニングは年々遅くなっており、おむつはずしもどんどん大変になっているようです。イライラして諦めたなどと聞く度、「最初からおむつなし育児ができれば楽だったのに…」と歯がゆく感じます。なぜなら「おむつなし育児」を実践した娘は0才でおむつを難なく卒業し、快適にすごしているから。実はトイトレって、紙おむつとセットの概念なんです。

紙おむつって、とっても便利ですよね。私も「おむつなし育児」を知るまで、ずっと使ってました。経皮毒を気にして布もつかっていましたが、やっぱりうんちのおむつを洗うのは手間だし、おでかけや来客時には紙のほうが気楽。なので、紙おむつを全否定するつもりはまったくないんです。ただ、お手軽なものにはやっぱり相応のデメリットもあるんだとお伝えしたいのです。そのひとつが、もはや常識となってしまった「トイトレ」という苦行です。

本来、赤ちゃんはおむつ外で排泄したい・できる生き物

信じられないかもしれませんが、実は赤ちゃんってもともと「排泄」機能を理解しているんです。思い出してみてください。最初の頃、おむつを替えようと開いた瞬間、ぴゅーっとおしっこをかけられたことはありませんか? せっかくきれいなおむつにしたら、すぐうんちをされて萎えたことはありませんか? 赤ちゃんは、体にまとわりつくようなおしっこもうんちも、嫌いなんです。当たり前に、外で排泄しようとしていたんです。

でも、その度にママがため息をつきます。赤ちゃんにとってママの笑顔は最大の幸せなので「そうか、おむつの中でしなきゃいけないのね」と学んで、だんだん「おむつを開けるとおしっこ」がなくなっていくんですね。いわば「汚いけど我慢」してる状態。

考えてみれば当然ですが、どの生き物だって外に排泄しますよね。おむつって、人間、それも大人にとって都合のいいものであって、決して赤ちゃんのためになるものじゃありません。しかも近年の紙おむつは「ママを楽させる」ために進化しているので、赤ちゃんのおしっこをやたらと吸収します。「何回分かためて替えてる。もったいないし」なんてママも時々いますよね。そうやって排泄感覚を衰えさせられているのが、現代の赤ちゃんなのです。

そう、トイトレは「紙おむつですることを学んだ」赤ちゃんに、「今度はやっぱり外でやってよね!」と、どんでん返しを強制するトレーニング。赤ちゃんにとっても大変な苦行なのです。

トイトレが進まないから「不出来な子」ではない!

紙おむつで長く育った赤ちゃんは、自分がいつおしっこをして、うんちをするのか、分からなくなっています。だから「おしっこしたら教えなさい!」と言われても、できないんですね。それで「なんでぬれてるのに分からないの!」と怒られるから、怖くて余計に上手に排泄できなくなってしまう。

老人ホームなどの例も、おむつなし育児の本で紹介されていますが、排泄ってすごくデリケートで人間の尊厳にかかわるものなんですよね。おむつをつけはじめると、お年寄りが急に老け込むんだそうです。そして一度つけると、トイレ生活に戻れなくなる。排泄って、衰えると取り戻すのがとても大変な機能なんだそうです。

そんな難しいことを、2才か3才の子にするわけですから、トイトレがうまくいかないのは当たり前。もちろん「すんなりできたわよ!」という友人の話を聞けばうらやましく思われるでしょうが、それは「紙おむつでもマメに替えていた」「お風呂で時々させていた」「ママの誘導がうまかった」「おしゃべりが得意な子」など色んな要因あってのもの。決して、できないお子さまが不出来なのではありません。

おむつなし育児なら、トイトレはいらない

トイトレが難しい理由が分かったところで、じゃあ一体どうすればいいのか、ということですが、答えはシンプル。「おむつなし」で育てればいいんです。最初からおむつをせず、赤ちゃんの希望どおり外で排泄させてあげれば、わざわざはずす必要なんてないんですね。

そんな馬鹿な!外ってどこよ?とお思いかもしれません。私もそうでした。でも、生まれて1ヶ月の赤ちゃんでも小さなおまるをあてがってあげれば、ちゃんとおしっこやうんちができるんです。タイミングに慣れたら、おでかけ先で普通のトイレに「ささげて」させることもできます。信じがたいかもしれませんが、世界中で昔から行われてきた育児法なんです。

おむつなし育児のやり方については、こちらの本が一番分かりやすいと思います。この記事でご紹介した考え方も、こちらで勉強させていただいたものです。月齢ごとの始め方、うまくいかないときのコツ、世界中のママのアドバイスがのっており、読むだけでわくわくしてきますよ!

私自身は、おむつなし育児を知ったのが遅く、娘が10ヶ月のときにはじめました。が、ものの1ヶ月でおむつを卒業することができました。0才なので、まだ自分でパンツを脱いでトイレにあがれるわけではありません。私が補助便座にのせているので、そういう点では「トイトレ」が後に必要かもしれませんが、肝心の「前もって排泄を伝えられ、トイレでちゃんとできる」はクリアしています。詳しくは0才でおむつがはずれた!簡単なおむつなし育児の方法と体験談をお読みください。

おでかけ先でもトイレでしています。困ったことといえば、サイズ60や70のパンツが売っていないので、ぶかぶかのトレパンしかない、というくらいで、あとは本当にらくちん。何より娘が快適そうなのが嬉しい。私自身も娘の様子をよく見るようになったので、より絆が深まった気がします。

まとめ

トイトレとは「おむつの外で排泄したかった赤ちゃん」に「おむつの中でしなさい!」と教えたあと、いきなり「今度は外でしなさい!」と強いること。そもそも無理がある。
紙おむつに頼りすぎると、赤ちゃんの排泄感覚は衰える。おむつがはずれなくなる。
おむつなし育児をすれば、トイトレいらずでおむつがはずれる。

トイトレに苦しむ前に、赤ちゃんに無理を強いる前に、少しでも多くのママに「おむつなし育児」の楽しさを知っていただきたい。そう願っています。具体的なおむつなし育児のやり方や私の体験談については、0才でおむつがはずれた!簡単なおむつなし育児の方法と体験談をご覧くださいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone