赤ちゃんのためにも避けたい「経皮毒」

ヘアカラーやパーマ液、シャンプーや洗剤、入浴剤などから皮膚を通じて入り込み、悪影響を及ぼすとされる経皮毒。そもそも本当なの?という疑問や、遠ざけてみた結果などの体験談はこちらにまとめていますが、この記事では具体的な避け方をご紹介しています。絶対拒否!というより、できるだけ遠ざけようというスタンスです。

実は私自身、「超自然主義!」というわけではなく、経皮毒についても「絶対だめ!」とまでは考えておりません。お医者様は経皮毒を否定する方も多く、たしかに根拠が曖昧だなと感じる部分もありますし、かといって現代の科学を盲信しているわけでもないので、まぁ明らかに体に悪いもの(素手で触れないヘアカラー液や、手荒れする洗剤など)は避けたいよね、特に赤ちゃんにふれるものは気をつけたいよね、という感覚です。

ただ、妊娠してから経皮毒を遠ざけてみた結果、はっきりと体に違いが出てきました。肌荒れ、乾燥が改善しましたし、なんというか嗅覚が敏感になりました。本能レベルでものを感じられるようになったというか……うまくいえないのですが、自然体で気持ちいい感じ、ヨガのあとのような爽快感をふとしたときに感じるようになったんです。

また、娘は合成洗剤や紙おむつで「ひどくかぶれる」まではいかないものの、やめると気持ちよさそう。強い洗剤をつかったお洋服を着せると、首まわりをかいたこともありましたしね。というわけで、やっぱり経皮毒は避けた方が無難だなぁと感じております。そんなスタンスでの遠ざけ方なので、慎重派の方には物足りないかもしれませんが、ご参考までにご紹介できればと思います。

ヘアカラーはしないのがベスト。するならオーガニックカラーで

・妊娠初期、臨月を避ける(胎児への影響が強い)
・できるだけ黒髪に近い色にして、頻度自体を減らせるようにする
・ノンシリコン、ノンジアミンのオーガニックカラーのある店舗で行う
・頭皮保護オイルをスプレーしてからカラーリングしてもらう

経皮毒は頭皮から一番入りやすい、といわれます。特にヘアカラーやパーマは素手で触れないような刺激の強い薬物なので、いくらオーガニックにしようが頭皮保護オイルを塗ろうが、やっぱり心配だというのが個人的な意見です。

お医者様には「座っててつらくなければ染めてもいいよ」と言われたので、医学的な根拠があるわけではありません。ただ妊婦さんは「長時間同じ姿勢だとつらい」「においで気分が悪くなりやすい」「ホルモンの影響で、カラーやパーマがきまりにくい」のは事実なので、経皮毒を気にされない方でも控える方が無難だとは思います。

ベストは染めないことですが、実は私も妊娠時に茶髪(というほど明るくもありませんが)だったため、あまりに無惨なプリン状態がつらくて染めてしまいました。ノンシリコン、ノンジアミンのオーガニックカラーで、根本から少し離して染めていただきました。

でもノンシリコンはともかく、ノンジアミンとなると色がかなり限られます。染め具合の指定はちょっと難しいです。ジアミンアレルギーの方が増えているそうで、おいている店舗も増えましたが、そもそも取り扱いも少ないんですよね。。ちなみにカラーの説明については、こちらの店舗さんのブログが分かりやすくて助かりました。

しかも、それだけ気をつかっても、授乳中に一度染めたところ(黒髪にしたはずが色が抜けてまたプリンになってしまったので)翌日、娘の肌にブツブツがでたんです……。たまたまかもしれませんが、肌荒れとは無縁の娘なので、私から受け取ってしまった毒素を毒出ししているように思えました。もう染めない!と誓った瞬間です。涙

シャンプーは迷わずオーガニックシャンプーを!

・オーガニックシャンプーの中でも選りすぐったものを使用
・トリートメントはどうしても絡まったときだけ、毛先にのみつける

シャンプーもカラー剤と同じく、頭皮からの経皮毒なので吸収されやすいそうです。しかも毎日のことですし、妊婦さんはともかくママはすすぎの時間もろくになかったりするので、影響が強いんですよね。なので、ありとあらゆるサロンで聞きまくり、メスリにたどりつきました。娘にもこれを使っています。市販のベビー用は、無添加とあっても化学物質がたくさん入ってるんですよね…。

なんと「種が育ち花が咲く」ほど、自然素材だけのシャンプーです。アーユルヴェーダで有名なシャハラン・メスリ博士のもので顔も体も洗えますし、赤ちゃんからペットまでつかえて安心です。ちなみにリンス不要とされてますが、使い始めはちょっときしむので、私は毛先にだけ、リンスやトリートメントを使っていました。

また、泡立ちの悪さにビビりますが、使い続けて頭皮の有害物質が抜けると、気持ちよく泡立つようになります。赤ちゃんだと最初からきれいに泡立ちます。市販のシャンプーに慣れていると、戸惑うかもしれませんが、傷みまくりロングヘアが健康的に生き返ったので、おすすめです。

ちなみに、ヘナが入っているからだと思うんですが、茶色いんです。タオルやスポンジに大量につくと色がとれにくいです。赤ちゃんの沐浴ではタオルを使うと思うので、ご注意くださいね。そして、なぜかAmazonだと半額なので(通常6000円で売られています)サロンで買わない方がお得かもしれません。

また、妊娠後期に使用していた、シャンプー&コンディショナーはラ・フルールです。

肌質と髪質が急に変わって、メスリでは髪の広がりがおさまらず、こちらに変更した時期がありました。シリコン、パラベン、着色料不使用かつ、オーガニックエッセンシャルオイル配合の、とっても香りのいいシャンプー。保湿力抜群です。

ザ・シャンプーよりは薬品が含まれますが、いずれも安全なもの。オーガニックシャンプーで髪がきしむ方、シャンプーのみには抵抗のある方、香りにこだわりのある方におすすめです。少量でいいので長持ちしますよ。

この2つ以外にも色々試しましたが、私としては安全性とコスパにおいてこれがベストかなと思っています。ただ、オーガニックシャンプーはすべて、独特のきしみがあります。すでにかなり傷んだ髪の方だと、使い始めは髪がからまったりしてしんどいかもしれません。慣れるとなじむんですが……毎日のことなので、できるかぎりストレスにならないシャンプーをお選びいただければと思っています。

洗濯洗剤は界面活性剤など不使用のミヨシが一番!

ベビー専用洗剤なども最近は多いのですが、これはもうはっきり申し上げて、昔からあるミヨシ一択でよいと思います。界面活性剤や蛍光剤どころか、ミヨシは石けん成分だけですからね。しかも安い。驚くほど安い。この価格、他のオーガニック系ではありえません。笑

お子様のアトピーに悩むお母さまたちの間では有名な商品だそうで、熱心な方とお話するとみなさんこちらを使われています。これに慣れると、普通の洗剤のにおいが刺激的すぎて使えなくなります。かぶれ、かゆみ、赤みで悩む方はぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、「赤ちゃんの肌着と大人の服を分けて洗うのか問題」ですが、我が家ではジーンズやトイレマットなどを洗うとき以外は分けておりません。最初は娘のだけ分けて上記のベビー洗剤を使っていたのですが、1歳になった頃から、普通のミヨシ洗剤に変えて一緒に洗っており特に問題は感じておりません。汚れが気になるときは重曹もいれています。

ハンドソープも、ミヨシが便利で安心で安いです

普通の石けんでもいいのですが、泡タイプだと子どもの手が洗いやすくて便利です。お友達のおうちにおじゃますると、大抵これがあります。笑

食器用洗剤は手荒れと環境に配慮した商品を

気分に応じて、ヤシの実とレモンライムを使い分けています。レモンライムの香りはとってもいいので、イライラしそうなときにおすすめです。どちらも手荒れしにくく、環境にもやさしい、でもしっかり汚れが落ちる洗剤だと感じます。

こちらは「made of Organics ディッシュリキッド レモンライム」という商品なのですが、野菜の農薬落としもできて便利です。とってもいい香り!

入浴剤は使わなくてよい!寒いときは塩を

よかれと思っていれていた入浴剤も、経皮毒の要因なのだそうです。特に泡立つものや香りのきついものは避けて、と色々な健康サロンやヨガスタジオでいわれました。シャンプーや洗剤は気をつけていても、入浴剤はうっかりということが多いそう。

とはいえ、寒いときや汗をかきたいときもありますよね。そんなときは、天然塩、天然素材の入浴剤をつかうといいそう。私も妊婦時代は体をあたためるために重宝しました。普通の塩だと刺激が強すぎるので、ご注意くださいね。赤ちゃんとのお風呂では天然塩でもやめておいた方が無難かと思います。肌への刺激もですが、飲んでしまうかもしれないのでお気をつけください。

まとめ

経皮毒をどこまで気にするかは、正直ママ次第。ただ、私は遠ざけた結果、体調や肌質がよくなりました。また「悪いのかなぁ」と思いつつ使っていると、ストレスで余計に悪影響がでそうなので、悩むくらいなら一度経皮毒をカットしてみることをおすすめします。

できるだけヘアカラーをやめる、ドラッグストアで市販されているシャンプーや入浴剤をやめる、洗剤は肌にやさしいものにするなど、始めやすいところから、無理のない範囲でやってみてくださいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone