「経皮毒」って、気にするべきものなの?

「経皮毒」とは皮膚を経由して入る毒素のことで、女性の場合は子宮にたまるので悪さをしやすい、といわれているものです。妊婦はヘアカラーやパーマを控えた方がいい、という注意や「出産時の胎盤からシャンプーのにおいがした」なんて逸話を耳にされたことがある方も多いかもしれませんね。本当に経皮毒なんてあるの?と思った私が、妊娠中に調べてみたこと、心がけたことをご紹介します。

そもそも「経皮毒」なんて医学的な根拠がない、といわれる方もいます。皮膚から入り込める物質なんてないよ! という方も。実際、人体に即刻悪さをするものが日本で市販されているわけもなく、特に気にされないまま一生を過ごす方がいらっしゃるのも事実です。

ただ、長年のアトピーが洗剤をかえたら治ったとか、シャンプーをかえると頭皮が元気になって脱毛が止まったとか入浴剤をやめたら、逆に肌がきれいになった……なんて話も聞きます。また、現在の医学が解明できていることなんてほんのわずかじゃないか、普通に考えて「化学物質」が無害なわけないじゃないか、という自然派指向の方もいます。

このあたりは、正直「どこまで気にするか」だと思います。農薬や添加物と似た扱いかなと。お医者様の多くは、おそらく「うーん……たぶん大丈夫よ」とおっしゃるんじゃないでしょうか。

心配性の妊婦だった私は「できるだけ」遠ざけた

私の場合は「気にはなるけど、まぁ現状困ってないし」という感じで、一応ノンシリコンシャンプーを使っている、程度でした。(ちなみに一部のノンシリコンシャンプーは、体にいいどころか発がん性物質が含まれているという報告もあります)だってオーガニック系のものって、汚れが落ちにくかったり、においが独特だったり、高かったりするんですもの。あまり気が進みませんでした。

ただ、やっぱり妊娠すると羊水の汚れが気になりはじめました。特に頭皮からの吸収率が高いそうで、ヘアカラーでつかう薬剤は子宮に届いてしまうらしいんですよね。髪の色を変えてしまうほどの薬剤です。冷静に考えれば体にいいわけはないんですよね。

赤ちゃんは羊水に浸かって、羊水を飲みながら暮らしています。そこに、私が食べられない・素手で触れられないような刺激的な薬剤が、たとえ微量であっても、届くのはやっぱり怖い。でも過剰に気にしすぎるのも、かえってストレスになりそう。

そんなわけで、私の「経皮毒」対策は無理のない範囲で遠ざける、ということにいたしました。具体的な遠ざけ方については、長くなりましたのでこちらに書いています。

私の胎盤の匂いと、娘の健康について

できるだけ「経皮毒」を遠ざけたからなのか、私の羊水からシャンプーの匂いはしませんでした。出産直後、精魂尽き果てていたにも関わらず「羊水っ 羊水はどうですかっ 胎盤みたいですっ」と叫んだ私……助産師さんたちが「は? シャンプーの匂い? 何それ」と笑う中、しっかり確認しましたが、ええ、まったく匂いませんでした。笑

シャンプーの匂い云々は、もしかしたら迷信なのかもしれませんね。こればっかりは、他の方のを匂ってないので「遠ざけた成果」なのか分かりません。ただ、エコーの度に「ほんと気持ち良さそうにのびのびしてますね」といつも言っていただいたこと、おなかに「居心地いい?」と聞くと元気なキックが必ず返ってきたことを思うと、羊水はきれいだったのかもしれません。笑

そして、私の娘は(親バカですが)とっても肌がきれいで、いつも道行く人に「なんてきれいな白いお肌!」とほめていただきます。主人も私もアレルギー体質ですが、娘はまったく問題なし。

そして、本当に風邪ひとつひかない健康児でした。ただこれは「経皮毒」だけでなく、早寝早起きとか、食材とか、水とか、色々こだわってきたので、その複合効果なのかなと思っています。

他の合成洗剤をつかうと、肌をかきはじめた!

ただですね、「洗剤」については、やっぱりベビーの肌着洗い「ミヨシ」をおすすめしたいです。なぜなら、他のものをつかったとき、明確に娘に悪い影響が出たからです。

公園で泥遊びをしたとき、いつもは固形の洗濯石けんで丁寧に洗っているのですが「◯◯をつかうと楽よ!」と聞いて、ちょっと使ってみたのです。久々の合成洗剤の匂いは、すごくきつくて後悔したのですが……そして再度着せた日、首やお腹のあたりをかきはじめたんです。赤みがでるまでかきまして、首まわりは少しだけ血もにじんだほど。

はじめはお洋服のせいだと思わなかったので、食べ物? 母乳? ほこり? と色々考えましたが、お洋服でした。素材は綿でしたし、同じブランドのお洋服は今までにも買っておりましたし、かつ三度洗い直したら平気になったので、やっぱり洗剤のせいだったんだな、と思いました。

お友達では「お下がり」で頂いたお洋服で、同じように荒れた方もいました。もしかしたら、お洋服にしみついた洗剤が、普段つかっているものと違ったのかもしれませんね。

オーガニックシャンプーで背中や胸のニキビが治った

また、妊婦だった私自身、シャンプーを変えると背中や胸のニキビが治ったんですよね。洗剤も、手荒れが格段に減りました。特に洗濯洗剤は、もう合成洗剤のきつい匂いは体が受け付けません。石けん成分だけの「ミヨシ」で十分。

オーガニックって、なんだかうさんくさいものもありますし、やたらと高いのもあるんですけど、ちゃんとしたものはやっぱりいいものだと感じました。続けやすい価格で、納得できる効果のものを見極めていきたいと思っています。

そんなわけで、私としては「経皮毒」が絶対的に悪い!という確たる証拠はないのですが、実感値として「避けた方が無難」という結論に至っております。まぁ悩むくらいなら避けたほうがいいんですよね、添加物も経皮毒も。そんなの関係あるわけないし! と笑い飛ばせるタイプの方以外は、精神の健康のためにも避けたほうがいいのかな、と思います。

まとめ

「経皮毒」は明確な根拠はないが、避けた方がいいとされる毒素のこと。
シャンプーや洗剤、ヘアカラーから入りこみ、妊婦自身や胎児の健康を害するといわれている。
実際、洗剤を変えると肌が荒れたこともあるので、避けた方が無難だと感じる。

具体的な、ヘアカラーやシャンプー、洗剤の選び方は経皮毒を避ける。妊婦とママのヘアカラー・シャンプー・洗剤の選び方をご覧くださいね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someone