カテゴリー「 月齢ごとの成長、発達検査の結果 」の記事

4件の投稿

0才代でやっておきたいことはたくさんある!

0才7ヶ月〜1才は、つかまり立ちが始まり目が離せない頃ですよね。特に母乳育児の方は慢性的に睡眠不足もあり大変な時期ですが、今思うと0才代にしていた遊びや生活のしつけはものすごく意味があったと感じます。同じ刺激でも段違いに効果のある時期でした。この記事では「【7ヶ月〜1才の成長記録1】ハイハイ、歩行、おむつはずし、発語など。早期教育をお考えの方向けです」の続きとして、0才7ヶ月〜1才におすすめのおもちゃ、やっておいてよかった・やればよかったこと、不安とその結末、また家庭保育園の発達検査の結果をまとめております。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

0才7ヶ月から1才は、成長の個人差が激しい

赤ちゃんも生後半年を越え1才になると、できることが格段に増え性格の個人差もみえてきますよね。我が家も「立って歩く」「おむつがとれる」「発語が増える」など分かりやすい成長があった時期で、同時に色々なことが不安な頃でもありました。気にしちゃいけないと思いつつ赤ちゃんの発達が気になるのが親心ですが、発達がゆっくりでもこの時期の働きかけ次第でぐんと伸びるんだなと今は感じております。この記事では0才7ヶ月〜1才での娘の成長記録(運動、学習、生活面)、発達の個人差に悩んだ思いなどをまとめました。

後編記事では、0才7ヶ月〜1才での「やってよかったこと」「やればよかったこと」「不安だったこととその結果」「家庭保育園の発達検査の結果」について「【7ヶ月〜1才の成長記録2】やってよかったこと、やればよかったこと、不安とその結末、家庭保育園の発達検査結果など」に書いております。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

0才6ヶ月は赤ちゃんの成長差が気になる時期

生後6ヶ月ともなると、我が子の可愛い成長ぶりに目をみはる一方、よそのお子さんの成長もちょっぴり気になりますよね。できることも増え、聞分けのよさや寝つきなど赤ちゃんの個人差がかなり出る頃だと思います。この記事では「よそのお子さんと比べる危険性」もふまえながら、生後6ヶ月での娘の成長記録、好きなおもちゃや絵本、生活の様子、そして家庭保育園での発達検査の結果をまとめました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

赤ちゃんが産まれて幸せいっぱい!けれど慣れない育児、心配だらけで気が休まらない……これで本当に大丈夫かな?と悩むことも多いですよね。そこで、生後0ヶ月時の育児におけるハイライト、生活リズム(睡眠と授乳、沐浴、おしっこ、うんち)、乳首出血や湿疹、便秘やサーモンパッチなどのトラブル、気をつけたことと買ってよかったグッズ、よく遊んだおもちゃ、家庭保育園の取り組みをまとめてみました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone
PAGE TOP